城田優&古川雄大&柿澤勇人ら主演 ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会 - 2013年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会1 前列左から柿澤勇人、清水くるみ、城田優、フランク莉奈、古川雄大、小池修一郎(演出)、後列左から東山光明、平方元基、加藤和樹、水田航生

▲ 前列左から柿澤勇人、清水くるみ、城田優、フランク莉奈、古川雄大、小池修一郎(演出)、後列左から東山光明、平方元基、加藤和樹、水田航生

拡大する

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会2 左から清水くるみ、城田優、フランク莉奈

▲ 左から清水くるみ、城田優、フランク莉奈

拡大する

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会5 前列左から東山光明、平方元基、水田航生 後列左から古川雄大、柿澤勇人

▲ 前列左から東山光明、平方元基、水田航生、後列左から古川雄大、柿澤勇人

拡大する

このほかの写真も見る

ジェラール・プレスギュルヴィック作・音楽&小池修一郎潤色・演出のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』が今秋再演。その製作発表会が、都内で行われた。

宝塚歌劇団での上演や、フランス版の来日公演などで好評を博している本作。11年の初演から2年ぶりの上演となる今回は、城田優がロミオとティボルトの2役に挑戦し、ロミオ役は古川雄大&柿澤勇人によるトリプルキャストに。ヒロイン・ジュリエット役には、前回公演に続くフランク莉奈と、清水くるみのWキャストで送る。

会見での主なコメントは以下の通り。

小池修一郎(潤色・演出)
みんなのパフォーマンスを観ていたんですけど、本当に若さのパワーがあふれているメンバーで、自分自身で舞台を早く観たいと思いました。月並みな言い方で申し訳ないですが、エキサイティングでエネルギーにあふれた舞台が生まれるであろうということを確信しました。ぜひ劇場まで足をお運びいただければと思います。

城田優 ロミオ役、ティボルト役
再びロミオを、そして、初めてティボルトを演じさせていただくことになりました。ずっと「いつかロミオを演じてみたい」と言ってきたあこがれの役だったので、前回はとても楽しみに臨みました。また、その役を演じられることを幸せに思います。そして、初演の公演中にずっと「ティボルトがかっこいいな、演じてみたいな」と言っていた声が届き、今回2役も演じさせていただけるということを本当に幸せに思います。ジュリエットという“太陽”に対して、“光”のロミオと、“影”のティボルトという2役を同時に演じられるというのは、挑戦であると同時にチャンスだと思っています。

古川雄大 ロミオ役
名作『ロミオ&ジュリエット』で、ロミオ役を演じられることを本当に幸せに思っています。自分自身、まだまだたくさん課題がありますが、一つひとつクリアして、エネルギッシュにロミオ役を演じていけたらと思います。

柿澤勇人 ロミオ役
自分は19歳の時に初舞台を踏んで、今25歳なんですけれども、シェイクスピア作品に携わるということを一つの目標にしてやってきました。実は今年の3月に大学を卒業したのですが、卒業論文でもシェイクスピアに触れています。この出演が決まった時は本当に感無量というか、ただただ、うれしかったです。とにかくジュリエットを愛し抜き、仲間たちと大事に突っ走りたいと思っています。そして、ロミオの城田先輩、古川先輩はとにかく背が高いというのがあるので(笑)、それを補う柿澤なりのロミオを精いっぱいやりたいと思います。

フランク莉奈 ジュリエット役
私にとって『ロミオ&ジュリエット』のジュリエットは、デビューをさせていただいた本当に特別で大切な作品と役です。素晴らしい先生方、スタッフの皆さん、先輩の皆さんに囲まれ、こんな大舞台に立たせていただけることに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。2度目ということで、またちょっと前回とは違うプレッシャーや不安もありますが、新しい気持ちで作品に挑み、命懸けでジュリエットを演じたいと思います。

清水くるみ ジュリエット役
私は今回初舞台で、柿澤さんと同じく19歳で初舞台を踏みます。オーディションを受けた時は、まさか私が選ばれるとは思っていなくて、決まった時もすごくびっくりしました。人前で歌を歌うこととかは初めてなんですが、今日は、すごく伸び伸びと歌えたかなと思います。本番までたくさん稽古してしっかり歌えるようなって、もちろん、ジュリエットとしてロミオを愛し抜いて、美しくはかないジュリエットを演じられるように頑張ります。

平方元基 ベンヴォーリオ役
僕はこの作品でミュージカル・デビューをさせていただきました。そして、またこの舞台に携わることができてとても光栄に思っています。初演ではティボルト役でしたが、今度はベンヴォーリオという新しい役。新たな作品をつくる気持ちで、一からアプローチして、2年前とは違う平方元基を小池先生に、そして皆さんに見ていただけたらうれしいなと思っております。

加藤和樹 ティボルト役
ミュージカルは何作か出演していますが、『ロミオ&ジュリエット』という大作、しかもその再演ということで、一つひとつ初心に返って学んでいこうと思っています。(出演キャストに)本当にいろんな組み合わせがあり、それぞれに違った面白さや発見がたくさんあると思います。城田君とはまったく違うティボルトを演じきりたいと思います。楽しみにしていてください。

東山光明 マーキューシオ役
ずっと楽しみにしていた『ロミオ&ジュリエット』に出させていただくということで、本当に光栄に思っております。オーディションで歌った時に、小池先生に「受かるか分からないけど、舞台や歌はずっと続けていってほしい」と、すごくありがたい言葉をいただいて、「あ、僕はもうダメなんだな」ってちょっと思ったんですけど(笑)。とにかく、今自分の経験してきたものすべてをマーキューシオに注ぎ込んで、全身全霊で歌いたいと思います。

水田航生 マーキューシオ役
初演を劇場で観てすごく衝撃を受けました。この製作発表会までの毎日も戦いの日々で、これからの本稽古で、またどんどんぶつかっていかなきゃいけない日々が訪れるんだなと楽しみにしています。男性キャストではたぶん僕が最年少なので、先輩たちに胸を借りるつもりで、自分のできることを精いっぱい発揮して、自分にしかできないマーキューシオをつくっていきたいと思います。

尾上松也 ベンヴォーリオ役(ビデオコメント)
僕は、ずっと小池修一郎先生の作品の大ファンでして、いつか出演してみたいと思っておりましたので、本当に念願がかなったというところです。ベンヴォーリオは、ほかの若者が争っている中で、ロミオと一緒に優しい心を持った人物。仲間たちが死に絶えていくのを、一人で最後まで見届けなければいけないという大変つらい立場ですが、このベンヴォーリオがしっかりとみんなを支えないと、この『ロミオ&ジュリエット』は成り立たないと思います。小池先生の指導にしっかりついていって、初演を超えられるように一生懸命努めてまいります。

この記事の写真

  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会1 前列左から柿澤勇人、清水くるみ、城田優、フランク莉奈、古川雄大、小池修一郎(演出)、後列左から東山光明、平方元基、加藤和樹、水田航生
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会2 左から清水くるみ、城田優、フランク莉奈
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会3 清水くるみ(左)と古川雄大
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会4 加藤和樹(左)と城田優
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会5
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会6
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会7 城田優
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会8 古川雄大
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会9 柿澤勇人
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会10 フランク莉奈
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会11 清水くるみ
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会12 平方元基
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会13 加藤和樹
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会14 東山光明
  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会15 水田航生

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5426