辻仁成の舞台『醒めながら見る夢』が映画化 - 2013年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

辻仁成が脚本・演出・音楽を手掛けた11年上演の舞台『醒めながら見る夢』が、辻自身の監督により映画化される。

舞台版に続き主演を務めるのは、「CHEMISTRY」の堂珍嘉邦。堂珍にとってこれが映画初主演となる。また、堂珍は辻書き下ろしの主題歌を歌うことも決定している。

ヒロイン役の高梨臨のほかキャストには石橋杏奈、村井良大、松岡充、高橋ひとみが名を連ねる。

映画は今秋完成予定で、14年に全国公開を目指す。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5449