日本バレエ協会名誉会長・島田廣さんが死去 - 2013年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

日本バレエ協会会長を務めた島田廣(しまだ・ひろし)さんが、25日、心不全のため都内の病院で死去した。93歳だった。

韓国・ソウル生まれ。ロシア人バレリーナ、エリアナ・パブロワに師事し、1946年の帝国劇場『白鳥の湖』全幕国内初演では王子役を務めたほか、演出家や振付家としても数々の作品を手掛けた。

また、バレリーナで妻の故・服部智恵子さんとともに「服部・島田バレエ団」を結成し多くのダンサーを育成。84年から02年まで日本バレエ協会会長を務め、新国立劇場の舞踊部門の初代芸術監督に就くなど、日本のバレエ界を牽引し続けた。

86年に紫綬褒章を受章。02年に文化功労者に選ばれた。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5452