藤谷治の青春音楽小説を山崎育三郎&福井晶一らの出演で舞台化 交響劇『船に乗れ!』が12月に上演 - 2013年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

2010年本屋大賞ベストテンに選ばれた、藤谷治による青春小説の舞台化が決定。アトリエ・ダンカン プロデュース 交響劇『船に乗れ!』が、12月に東急シアターオーブにて上演される。

音楽一家に生まれた主人公の津島サトルは、早くからチェロを学び、哲学書を読み漁り、自分を“高貴な人間”だと思っている青年。しかし、高校受験であえなく失敗し、不本意ながらも二流の音楽高校に入学する……。オーケストラ発表会や文化祭など、音楽とともにつづられる学校生活の中で、仲間たちとの出会い、恋愛、苦悩を経て成長するサトルの姿を描く青春ストーリーだ。

サトルの高校時代を山崎育三郎を担当。かつての青春時代を振り返る45歳のサトルを福井晶一が務める。演出・作詞を菅野こうめいが手掛ける。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5473