ケン・ヒル版『オペラ座の怪人』が12月に来日 - 2013年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ケン・ヒルが手掛けたミュージカル『オペラ座の怪人』の来日公演が、12月に東京国際フォーラム ホールCにて行われる。

本作は、ガストン・ルルーの小説の初ミュージカル化として、アンドリュー・ロイド=ウェバー版に先立つ、76年に初演。物語の時代背景に合わせ、ヴェルディやビゼー、グノーといった19世紀後半以降に活躍したオペラ作曲家のアリアととも構成されている。

84年の改訂を経て、母国イギリスをはじめ、アメリカ、カナダなどで上演されてきた本作。日本での上演は04年以来、9年ぶり5度目となる。ファントム役を務めるのは、84年のロンドン公演以来、タイトルロールを務めてきたピーター・ストレイカー。彼の来日は、今回が最後になるという。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5487