石山英憲、上田誠、前田司郎らが脚本で参加 田中圭主演の深夜ドラマ「ノーコン・キッド」が10月より放送開始 - 2013年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

田中圭が主演を務めるテレビドラマ「ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜」が、10月4日(金)よりテレビ東京にて放送開始となる。

1983年、渡辺礼治の父親が実家で始めた「ゲームセンターわたなべ」には、子どもから大人までが集まり大盛況だった。そんな中、ゲームにはあまり興味のない礼治だったが、見たことのない美少女・高野がゲームをしている凛々しい姿を見て、遅ればせながらゲームに手を伸ばし、ひょんなことから、同級生の木戸とゲームで対決することとなる……。

ドラマは、日本が世界に誇る文化の一つとなったビデオゲームの歴史と、それらゲームと出会い成長していく少年少女の姿を描くもの。83年から13年の現在に至るまでの30年間が、実在のゲームを織り交ぜながらつづられ、田中は主人公・礼治の15歳から45歳までを演じるという。

ドラマは毎回、当時のエポックメイキングとなったゲームをテーマとし、登場人物たちが実際にそのゲームをプレイし、それがストーリーにもリンクしていくという趣向だ。

原案・シリーズ構成を手掛けるのは、「カウボーイビバップ」「交響詩篇エウレカセブン」「鉄拳 BLOOD VENGEANCE」などで知られる佐藤大。脚本は、佐藤のほか、石山英憲(Theatre劇団子)、上田誠(ヨーロッパ企画)、森ハヤシ、前田司郎(五反田団)が執筆する。

また演出には、鈴村展弘、石田雄介、冨永昌敬、沖田修一、真利子哲也と気鋭のクリエイターたちを迎える。

ドラマは、10月4日(金)より毎週金曜深夜0:52放送開始。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5527