上川隆也主演 舞台『真田十勇士』フォトコール - 2013年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『真田十勇士』フォトコール 上川隆也

▲ 上川隆也

拡大する

舞台『真田十勇士』フォトコール 6 左から賀来千香子、倉科カナ、上川隆也、柳下大、里見浩太朗

▲ 左から賀来千香子、倉科カナ、上川隆也、柳下大、里見浩太朗

拡大する

このほかの写真も見る

赤坂ACTシアター5周年記念の一環として、明日から上演される舞台『真田十勇士』。開幕直前の本日、主要キャストの上川隆也、柳下大、倉科カナ、賀来千香子、里見浩太朗の囲み取材が行われ、マスコミ向けに一部シーンが公開された。

幾度となく徳川家康を窮地に追い込みながらも、大阪夏の陣で討ち死にした真田幸村と、彼に仕え「十勇士」と呼ばれた家臣たち。そんな男たちの熱い生きざまが、「劇団☆新感線」の座付き作家・中島かずきによる書き下ろし脚本と、宮田慶子の演出で描かれる。

囲み会見で、2カ月にわたる稽古を「幸せな時間でした」と振り返った、真田幸村役の上川。「何度も何度も本番さながらの状態で通し稽古ができ、キャストもスタッフも“あとは出走するだけ”という、とてもいい状態に仕上がっている。この僕らの満たされた思いを早くお客さまに向け放出したい」と完成度の高さに自信を見せ、見どころについて問われると「全部です!」とキッパリ一言。しかし、「殺陣はもちろん、豪華絢爛な衣裳の数々、手を変え品を変えいろいろな場面に変わっていく勾配(こうばい)の強い舞台、とてつもなく大きなトリックの隠された物語」と、ちゃんと注目ポイントを明かしてくれた。

また、4月に行われた製作発表会で「若い俳優たちのファンを奪いたい」と語っていた徳川家康役の里見は、「その意気込みでずっとやってきた」とのこと。「家康は、幸村ら11人の大敵(おおがたき)という役どころ。幸村との一騎打ちでは納得のいく殺陣をお見せしたい」と久々の立ち回りにやる気を見せ、「幸村のファンも、佐助のファンも家康(のもと)に来いよ!」とアピールも忘れなかった。

公開された一部シーンでは、「みんなよく動く!」という里見の言葉通り、キャストが舞台や客席通路を駆け巡り、生き生きとした立ち回りを披露。迫力満点の音響や照明も効果的で、一大スペクタクルといった印象を受けた。

東京公演は赤坂ACTシアターにて明日8月30日(金)から9月16日(月・祝)まで。その後、愛知・中日劇場(9月21ー23日)、大阪・梅田芸術劇場(10月3ー6日)でも公演を行う。

■上川隆也 真田幸村役
実に和気あいあいした座組で、アクションあり、スペクタクルあり、恋愛あり、トリックありと、いろいろな要素が満載の舞台をお届けします。ぜひ皆さま、劇場に足を運んで、ご覧になっていただきたいと思います。

■柳下大 猿飛佐助役
本作をきっかけに、今まで時代劇に興味のなかった若い人たちに興味を持ってもらえたら、すごくいいなって思います。稽古中、里見さんの立ち回りをゾクゾク、ニヤニヤしながら見ていました。言葉にできないこの感覚は、実際に観てもらえれば分かると思います。

■倉科カナ ハナ・花風役
舞台というものが怖くて仕方ありませんでしたが、2カ月という稽古期間で少しずつ自信をつけ、皆さんの前に出ても恥ずかしくないようになったと思います。「バンッ!」と(舞台に)出ていきたいと思っています。

■賀来千香子 淀の方役
本作の魅力である素晴らしい殺陣には参加しませんが、この掛け(衣裳)が約5キロあるので、同じように身体を鍛えている感じです(笑)。見どころ満載の舞台を早く皆さんに観ていただきたいです。

■里見浩太朗 徳川家康役
最後のトリックは見せ場です。ここで言いたいんだけど……言っちゃいけないんだな(笑)。とにかく面白いので、ご覧になっていただいたら、(手を叩きながら)「そうか!」となると思いますよ。

この記事の写真

  • 舞台『真田十勇士』フォトコール 1
  • 舞台『真田十勇士』フォトコール 2
  • 舞台『真田十勇士』フォトコール 3
  • 舞台『真田十勇士』フォトコール 4
  • 舞台『真田十勇士』フォトコール 5
  • 舞台『真田十勇士』フォトコール 6

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5529