松下優也、Def Tech・Microらの出演でブロードウェイ・ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』が来年4月に上演 - 2013年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ブロードウェイ・ミュージカル『イン・ザ・ハイツ〜そして、僕らは、歌い、踊りだす〜』が、松下優也ら日本人キャストにより上演される。

物語の舞台は、ニューヨーク・マンハッタン北西部にあるワシントンハイツ。本作は、そこに暮らすラテン系移民3世代がきずなを深めながらたくましく生きる姿を、ヒップホップやサルサ、メレンゲといった躍動感あふれるサウンドとパワフルなダンスで描く群像劇だ。

作詞作曲のリン=マニュエル・ミランダが学生時代に書き上げたという作品で、07年にオフ・ブロードウェイで初演され、翌年オンへと進出。同年のトニー賞では、最多13部門でノミネートされ、最優秀作品賞・楽曲賞・振付賞・編曲賞の4部門を制した。また、キャストによるレコーディング・アルバムが、09年のグラミー賞で最優秀ミュージカル・ショー・アルバム賞を獲得。日本では、10年に来日公演が行なわれている。

今回の日本版には、松下のほか、ボーカルユニット「Def Tech」のMicroをはじめ、中河内雅貴、大野幸人、エリアンナ、マルシア、前田美波里とバラエティー豊かなキャストが集結。今後も追加キャストが発表される予定だ。演出・振付を手掛けるのは増田哲治(TETSUHARU)。

インフォメーション

ブロードウェイ・ミュージカル
『イン・ザ・ハイツ〜そして、僕らは、歌い、踊りだす〜』

【スタッフ】作詞作曲=リン=マニュエル・ミランダ 脚本=キアラ・アレグリア・ヒュディス 演出・振付=増田哲治(TETSUHARU)
【キャスト】松下優也/Micro(from Def Tech)/中河内雅貴/大野幸人/エリアンナ/マルシア/前田美波里 ほか

■東京公演

2014年4月5日(土)〜20日(日)
・会場=Bunkamuraシアターコクーン

大阪、福岡、神奈川ほかでのツアー公演を予定

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5541