市川海老蔵主演の映画「利休にたずねよ」がモントリオール世界映画祭 最優秀芸術貢献賞を受賞 - 2013年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「利休にたずねよ」モントリオール世界映画祭 最優秀芸術貢献賞 受賞 1 市川海老蔵

▲ 市川海老蔵

拡大する

このほかの写真も見る

市川海老蔵が主演を努めた映画「利休にたずねよ」が、カナダで行なわれた「第37回モントリオール世界映画祭」のワールドコンペティション部門正式出品され、最優秀芸術貢献賞を受賞した。

本作は、山本兼一の直木賞受賞小説を原作としたもの。海老蔵は、美への熱い情熱を秘めた、エネルギッシュで人間味あふれる千利休を演じている。

同賞の受賞は、日本映画として23年ぶり3回目の快挙。現地入りした中谷美紀、田中光敏監督が授賞式に臨み、受賞作として「ASK THIS OF RIKYU」が呼ばれると大きな歓声に包まれた。

都内で行なわれた海老蔵の囲み会見での主なコメントは以下の通り。

■市川海老蔵
このような歴史ある映画祭で大きな賞をいただけたことは、大変光栄でありがたいことです。日本の文化や芸術、お茶が海外から評価されたことはうれしいですし、つきなみですが監督、スタッフのおかげだと思っています。私はあくまで利休を演じたまでです。この映画を通して日本の美しさを少しでも多くの方に知ってもらえたらと思っています。
【父・市川團十郎への報告について】
父との初共演ということで、思い出が作品として残っているだけでありがたいですし、父は日本の美しさを大事にしている方でしたので、賞をもらえて喜んでいると思います。
【中谷美紀に対して】
映画の中ではあるが、いい奥さんをもらえてうれしかった。映画祭でも日本のおもてなしをしてくれたみたいですね。本当にすてきな方です。
【今後の活動について】
歌舞伎が当然中心となるものの、映画などほかの世界にチャレンジすることで、海老蔵を知ってもらい、歌舞伎ファンが増えてくれたらと思っていますし、新しい方が観ても面白いと思ってもらえる歌舞伎を用意していきたい。

この記事の写真

  • 映画「利休にたずねよ」モントリオール世界映画祭 最優秀芸術貢献賞 受賞 1 市川海老蔵
  • 映画「利休にたずねよ」モントリオール世界映画祭 最優秀芸術貢献賞 受賞 2 左から森田大児(プロデューサー)、中谷美紀、田中光敏監督、山本兼一(原作者)
  • 映画「利休にたずねよ」1

インフォメーション

映画「利休にたずねよ」

【スタッフ】原作=「利休にたずねよ」山本兼一著(PHP文芸文庫刊) 監督=田中光敏 脚本=小松江里子
【キャスト】市川海老蔵/中谷美紀/成海璃子/福士誠治/クララ/袴田吉彦/黒谷友香/市川團十郎(特別出演)/壇れい/大谷直子/柄本明/伊武雅刀/中村嘉葎雄/伊勢谷友介/大森南朋

2013年12月7日(土)全国ロードショー

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5544