木戸邑弥が再び登場 『続!!押忍!!ふんどし部!』が開幕 - 2013年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『続!!押忍!!ふんどし部!』開幕 1

拡大する

『続!!押忍!!ふんどし部!』開幕 3

拡大する

撮影:桜井隆幸

このほかの写真も見る

木戸邑弥が主演を務める、熱血学園ミュージカル『続!!押忍!!ふんどし部!』が、6日、CBGKシブゲキ!!にて開幕した。

本作は、脚本・細川徹&演出・河原雅彦のタッグが手掛け、10年に初演されたナンセンスコメディーの続編。再演が重ねられるほか、テレビドラマ化といった展開も見せ、好評を博しているシリーズだ。

物語の舞台は、かつて“白ふん流し”という伝統行事が行われていたという「聖(セント)エルモス学園」。前作では、“何の変哲もないこと”が悩みという転校生・富永一郎太が、白ふん流しを復活させるため仲間たちと出会い、成長していく姿が描かれた。

今回は前作から1年後の設定。バラバラになってしまった一郎太らふんどし部のメンバーの前に、新たな強敵が現れるというストーリーだ。

今回、初演と再演で主演を務めた木戸が、昨年のケガ休養から復活。初日に向け、木戸は「僕は今回、この舞台で復帰となりますが、舞台に帰ってくることができてうれしいです。こうやってパフォーマンスができるくらいに回復できました。僕以外のふんどしメンバーも、個々に成長し、前回よりも面白い“おすふん”になっているので、期待して観にきてください! これからも、僕を含め『押忍!!ふんどし部!!』のみんなをよろしくお願いします!」と力強くコメント。

また初演から、ふんどし部部長・及川幸雄役を演じる川原一馬は「以前にも増して、パワフルかつ衝撃的な展開が盛りだくさんで、新たなメンバーも加わり、続編として楽しめる内容になっています。初めての方にも分かりやすく、やさしい作品なので、ぜひ、僕たちの勇姿を観に劇場にいらしてください!」とアピールした。

公演は16日(月・祝)まで。

この記事の写真

  • 『続!!押忍!!ふんどし部!』開幕 1
  • 『続!!押忍!!ふんどし部!』開幕 2
  • 『続!!押忍!!ふんどし部!』開幕 3
  • 『続!!押忍!!ふんどし部!』開幕 4
  • 『続!!押忍!!ふんどし部!』開幕 5

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5558