サプライズじゃんけん大会も開催 岸谷五朗&寺脇康文ら地球ゴージャス最新作『クザリアーナの翼』製作発表会 - 2013年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『クザリアーナの翼』会見 1 前列左から岸谷五朗、中村雅俊、寺脇康文、後列左から湖月わたる、宮澤佐江、山本裕典、佐藤江梨子

▲ 前列左から岸谷五朗、中村雅俊、寺脇康文、後列左から湖月わたる、宮澤佐江、山本裕典、佐藤江梨子

拡大する

『クザリアーナの翼』会見 9

▲ 急きょじゃんけん大会が開催された

拡大する

このほかの写真も見る

岸谷五朗&寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」。彼らの最新作『クザリアーナの翼』の製作発表会が、19日に都内で行われ、岸谷、寺脇の二人に加え、中村雅俊、風間俊介、山本裕典、宮澤佐江(SNH48)、佐藤江梨子、湖月わたるらゲスト陣が登壇した。

物語の舞台は、第一種王族民、第二種軍国民、第三種平国民、そして第四(死)種デッシュ民という、4つの階級に縛られた架空の国「ジャメーリア」。最下層デッシュ(=DEATH)で奴隷として生まれた少年ガンクツたちが、それぞれの運命に逆らい必死で生きる姿を、歌あり、ダンスあり、笑いありの地球ゴージャス流王道的エンターテインメントとして描く。

来年で20周年を迎える地球ゴージャス。長く続ける秘訣を問われた岸谷は「恐らくは、貪欲に慌てずに作品づくりをしていること。その時代にやりたくなったものを、新作としてぶつけて、ひと公演ごとに魂を込めている」と答え、寺脇も「一つひとつの芝居を、ゼロからつくっているので、毎回新鮮な気持ちで取り組んでいます。そして、これまでの共演者の方々が、非常に真摯で、その大きなエネルギーをいただいてます」と力強く語った。

また、フォトセッションに臨んだ岸谷は「地球ゴージャスは、時代に沿った芝居をつくってきました。ですから今回のフォトセッションのセンターもじゃんけんで決めたいと思います!」と、前日に行なわれた、AKB48のじゃんけん大会にちなんだサプライズを提案。佐藤が、センターを勝ち取る結果となったが、「イヤです……」と恐縮しきりだった。

■岸谷五朗(作・演出) ガンクツの仲間・ウグイ役
いよいよ地球ゴージャスの13作品目になります。今日登場してくださった方や、オーディションで勝ち抜いてきてくれたメンバー総勢40名でお送りする予定です。これから厳しい稽古に入って、良いものをつくり上げたいと思います。

■寺脇康文(演出補) ガンクツの仲間・キジー役
地球ゴージャスは20周年という節目の年を来年迎えます。このメンバーが全員そろうのは、今日が初めてですが、雰囲気が非常に良いです。ゼロから始めて、お客さんが入ることで100にしていくという舞台づくりに、このメンバーで取り組んでいくのだなと非常に楽しみにしています。

■中村雅俊 ジャメーリアの支配者・大帝QUASAR(クエーサー)
今、いい感じで興奮しております。地球ゴージャスの舞台は今まで客席で観ていたので、まさか自分がステージに立って、その楽しさを提供する側になるとは思ってもいませんでした。不安もありますが、その不安をエネルギーにして、頑張って楽日を迎えたいと思います。

■風間俊介 デッシュ民の少年・ガンクツ
前回出演した『クラウディア』は、僕が20歳の時の作品。そして、30歳でこの作品に臨みます。いつも区切りには地球ゴージャスがあり、僕にとって特別な舞台です。30代最高のスタートになるように、五朗さん、寺脇さんのもとで、一生懸命やって、すべてのお客さまに喜んでいただける舞台にできたらと思います。

■山本裕典 冷酷な軍人・ギゼル大佐
今回初めて参加させていただけて、とても光栄に思っております。この舞台でどう思って、どう過ごして、何を得るのか? まだ未知数ですが、きっとすてきな経験をさせていただくことになると思います。

■宮澤佐江 デッシュ民の少女・コルリ
今日初めてキャストの皆さんとお会いしまして、今自分がここにいることが不思議です。まさか、自分が地球ゴージャスの舞台に出させていただける日がくるとは。大きな舞台に立つのは初めてですが、キャストの皆さんから多くの刺激を受けつつ、たくさん学んで、今の私にしかできない役を演じたいと思います。

■佐藤江梨子 ジャメーリア随一の美女・イグレット
先ほど(登場演出時)は、歩くだけで緊張してしまいました。リハーサルの時、私は一人だけ2回も間違えてしまって……。これから足を引っ張らないようにします。皆さんについていくだけで、いっぱいいっぱいになるとは思いますが、よろしくお願いします。

■湖月わたる ガンクツの妹・グース/元帥・スワン(2役)
私が、初めて地球ゴージャスさんの舞台を観たのは、宝塚のトップをしていたころ、ちょうど10年前の『クラウディア』でした。その圧倒的なステージに、ズキュン!と心を射抜かれまして、そこから地球ゴージャスさんの大ファンです! DVDを大人買いし、公演はすべて観ています。こんな私が、一員として舞台に出させていただけるのは本当に幸せです。この感謝の気持ちと喜びを舞台で爆発させたいと思います!

同じ記事の写真

  • 『クザリアーナの翼』会見 1 前列左から岸谷五朗、中村雅俊、寺脇康文、後列左から湖月わたる、宮澤佐江、山本裕典、佐藤江梨子
  • 『クザリアーナの翼』会見 2 岸谷五朗
  • 『クザリアーナの翼』会見 2 寺脇康文
  • 『クザリアーナの翼』会見 4 中村雅俊
  • 『クザリアーナの翼』会見 5 山本裕典
  • 『クザリアーナの翼』会見 6 宮澤佐江
  • 『クザリアーナの翼』会見 7 佐藤江梨子
  • 『クザリアーナの翼』会見 8 湖月わたる
  • 『クザリアーナの翼』会見 9

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5591