『近代能楽集「卒塔婆小町」「葵上」』が映像化 「三島由紀夫DVD戯曲全集」が発売に - 2013年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

13年10月から16年9月までのおよそ3年間にわたり、三島由紀夫を顕彰する企画「2015年 三島由紀夫生誕90年・没後45年記念プロジェクト」が始動。その一環として「三島由紀夫DVD戯曲全集」と題し、『近代能楽集』が映像化される。

本作では、三島戯曲の魅力を再現するため、原文を一字一句変えることなく演出された舞台を、高性能カメラで撮影・編集。各篇の映像監督には、映画監督や舞台演出家、劇作家、アート・ディレクターなど、さまざまなジャンルで活躍する気鋭のクリエーターを迎えるという。

第1弾としてリリースされるのは、『近代能楽集』の中でも人気の高い、「卒塔婆小町」「葵上」の2篇。両作の監督を努めたのは、映画「雪に願うこと」「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」などで知られる根岸吉太郎だ。キャストには、寺島しのぶ&北村有起哉(「卒塔婆小町」)、中谷美紀&柄本佑(「葵上」)という顔ぶれがそろった。

DVDは、10月31日(木)に同時発売。価格は、各6,090円(税込)。各巻には、著名執筆陣による解説書が封入される。


関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5614