森田剛主演『鉈切り丸』大阪公演が開幕 戯曲本&CDも発売決定 - 2013年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『鉈切り丸』大阪公演 1

拡大する

このほかの写真も見る

森田剛(主演)×いのうえひでのり(演出)×青木豪(脚本)の顔合わせで送る舞台『鉈切り丸』の大阪公演が、オリックス劇場にて12日(土)に開幕した。

シェイクスピアの『リチャード三世』を、日本の源平合戦の物語に置き換えた本作。森田が演じるのは、源頼朝の弟で“鉈切り丸”と呼ばれる源範頼。醜い容姿をコンプレックスに、悪行を尽くして天下を手中に収めようとする彼の姿が、虚実を交えて描かれる。

初舞台となる成海璃子をヒロインに迎えるほか、いのうえ作品初参戦となる生瀬勝久など、若手からベテランまで、個性豊かなキャストが集結。さらに、岩代太郎書下ろしのオリジナル楽曲を生演奏するミュージシャンたちも加わり、豪華絢爛な“いのうえシェイクスピア”の世界が展開される。

また、大阪公演の開幕に合わせて、戯曲本「鉈切り丸」と、CD「鉈切り丸〜舞台音楽集」の発売が決定した。

開幕直前の森田、生瀬、成海のコメントは以下の通り。

■森田剛
僕が演じる源範頼という役柄は、言葉巧みに人を操る野心の塊で、とても悪い男なんですが、この舞台は、衣裳がきれいで派手で、セットも豪華。立ち回りもありますし、たくさんの方々に楽しんでもらえるはずです。共演者の成海さんは、初舞台と聞かなかったら分からないくらい稽古中も堂々としているし、生瀬さんは、とにかく舞台に上がったらすごい! もう、生瀬さんについていけば間違いありません(笑)!! 特に大阪の方は、笑いにも厳しいと思うので、そういった意味でも楽しみです。舞台の上で生きてお客さんに楽しんでもらえるよう頑張ますので、ぜひ劇場に観に来てください。

■生瀬勝久
源頼朝は、歴代いろいろな役者さんが演じられてきたと思いますが、今回僕が演じる頼朝は楽しくて華やか。まったく新しい源頼朝を演じます。森田さんとは初共演ですが、とてもストイックで。舞台に対してまじめな姿勢で、まったく印象が変わりました。本当に気持ちのいい好青年です。成海さんも度胸があって“今の若い人だなぁ”という印象。舞台人の僕としては、舞台を好きになってどんどんやって欲しいと思っています。この舞台で初めて舞台というものをご覧になる方もいるかもしれませんが、これで人生変わります! それくらいの作品です! 特に若い人たちに観てほしいです。ちょっとチケット代は高いですけど(笑)、これで人生が変わるなら安いものです! ぜひ、劇場にお越しください。

■成海璃子
巴御前という役柄は、森田さん演じる範頼に夫を殺されるところから物語が始まります。範頼に復讐しようとするとても強い女性です。青木豪さんの脚本もとても良いので、楽しみです。森田さんとは以前、ドラマで共演させていただいたのですが、その時もなんて素晴しい方と思っていたので、今回舞台でご一緒させていただけてうれしいです。

大阪公演は、26日(土)まで。その後、11月8日(金)から30日(土)まで、東急シアターオーブにて東京公演が行われる。

この記事の写真

  • 『鉈切り丸』大阪公演 1
  • 『鉈切り丸』大阪公演 2
  • 『鉈切り丸』大阪公演 3

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5645