東京オリンピック開会式を中島かずき×いのうえひでのりにお願い!? 中島かずき&新谷真弓によるゲキ×シネ『シレンとラギ』トークショーが開催 - 2013年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ゲキ×シネ『シレンとラギ』トークショー 1 中島かずき(左)と新谷真弓

▲ 中島かずき(左)と新谷真弓

拡大する

ゲキ×シネ『シレンとラギ』トークショー 2 中島かずき(左)と新谷真弓

拡大する

このほかの写真も見る

現在上映中のゲキ×シネ『シレンとラギ』のトークショーが、15日、新宿バルト9にて開催され、劇団☆新感線の座付き作家で、本作の脚本を手掛けた中島かずきと、ナイロン100℃の女優・新谷真弓が出演した。

劇団☆新感線公演『阿修羅城の瞳』(00年)で出会ったという二人。新谷は「新感線が大好きで出してほしい」と、ずっと出演を願っており、中島も新谷に注目していてオファーをしたという。

新谷は、中島脚本について「読めない漢字が多い(笑)」と冗談を交えつつ、情報量のすごさを挙げ「『阿修羅城〜』の時も鬼帝(おにみかど)という鬼退治の機関の説明や、人物関係がト書きで全部説明されていたのが楽しかったです」とコメント。中島は「若いころはト書きに凝っていた。『阿修羅城〜』の時は一番そういう時期だったので、ト書きにさらにト書きを付けていたんですね」と、作品の濃密さをうかがえるエピソードを披露してくれた。

ゲキ×シネ『シレンとラギ』について、新谷は「本当に感動しました。劇場では分からない、役者の細かい演技や表情にご注目いだだきたい。編集が巧みで、生で観た時よりもストーリーが分かりやすい」と評価。中島が「今回、ハリウッドで音響をやってもらったんですが、効果音とか刀の音とかもすごくクリアで、何よりせりふが聞き取りやすいんですよね」と魅力の秘密を明かすと、新谷は「かずきさんのせりふを堪能するのにとても良いなと思いました。一本の映画を観るように、ストーリーに集中して追えると思います」と語った。

演劇だけでなく、中島が原作・脚本を担当する現在放送中のアニメ「キルラキル」でも、新谷は蛇崩乃音(じゃくずれ・ののん)役で出演をしている。中島は「“四天王”という、僕の話にありがちなモノを今回も出すことになりまして(笑)、高校生4人の内に女の子を一人出したいなと。若い新谷みたいな声の高校生がいないかという話をしていたんですよね」と、新谷の声が当初よりイメージにあったことを告白。そして「声優さんとは違う芝居の方なので、想定していたのとは違うちょっとひねった芝居をしてきてそれが面白かったりします」と、独特な演技の魅力を語った。

また、“新谷が新感線に再び出演するとしたら”という問いに、新谷は「次の東京オリンピックの開会式を、かずきさんといのうえひでのりさんにやってほしい!」と述べ、「かずきさんが日本の神話時代からのヒーローを全部書いてリレー方式にして、いろいろなイケメン君が演じて、その周りでワッショイワッショイやっている役で使ってください!」と提案した。これに中島は「僕たちではいかんともしがたいので猪瀬都知事に聞いてみてください(笑)」と答え、笑いを誘った。

最後に、中島は「新感線にしては重い話なんですけれども、ゲキ×シネにしたことで、より分かりやすく、舞台とはまた違うエンターテインメント作品になっていると思いますので楽しんでいただければと思います」とメッセージを送り締めくくった。

ゲキ×シネ『シレンとラギ』は、新宿バルト9ほか、全国の映画館で上映中。

この記事の写真

  • ゲキ×シネ『シレンとラギ』トークショー 1 中島かずき(左)と新谷真弓
  • ゲキ×シネ『シレンとラギ』トークショー 2 中島かずき(左)と新谷真弓
  • ゲキ×シネ『シレンとラギ』本編 1
  • ゲキ×シネ『シレンとラギ』本編 2
  • ゲキ×シネ『シレンとラギ』本編 3
  • ゲキ×シネ『シレンとラギ』本編 8
  • ゲキ×シネ『シレンとラギ』予告編第2弾

インフォメーション

ゲキ×シネ『シレンとラギ』

【スタッフ】作=中島かずき 演出=いのうえひでのり
【キャスト】藤原竜也/永作博美/高橋克実/三宅弘城/北村有起哉/石橋杏奈/橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと/古田新太 ほか

10月5日(土)新宿バルト9ほか 全国ロードショー

© 2013ヴィレッヂ・劇団☆新感線
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5649