「東京ドラマアウォード2013」で「あまちゃん」がグランプリを獲得 宮藤官九郎が脚本賞を受賞 - 2013年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

優れたテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2013」の受賞作と受賞者が、22日に発表。連続ドラマ部門のグランプリには、宮藤官九郎が脚本を担当したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が選ばれ、宮藤も脚本賞を受賞した。

同作はこのほか、主演女優賞・能年玲奈、助演女優賞・小泉今日子、演出賞・井上剛、プロデュース賞・訓覇圭がそれぞれ受賞。さらに、音楽を手掛けた大友良英が特別賞を受賞し、計7部門を獲得した。

なお同部門優秀賞では、内野聖陽主演「とんび」、松重豊主演「孤独のグルメ Season2」などが受賞した。

単発ドラマ部門では、西島秀俊&香川照之主演の「ダブルフェイス〜潜入捜査編・偽装警察編〜」がグランプリを受賞。ローカル・ドラマ賞には、鈴木聡脚本、渡辺いっけいら出演の「狸な家族」、六角精児主演「名古屋行き最終列車」が選ばれている。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5665