さいたまネクスト・シアター「ザ・ファクトリー」第4弾公演『ヴォルフガング・ボルヒェルトの作品からの九章』が開催 - 2013年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

彩の国さいたま芸術劇場芸術監督・蜷川幸雄が率いる若手演劇集団「さいたまネクスト・シアター」による「ザ・ファクトリー」シリーズ第4弾公演が11月に開催される。

本公演と並行して“エチュード”と呼ばれる習作に励んでいる彼ら。昨年11月には、エチュード課題「テネシー・ウィリアムズ一幕劇集」から秀作を集め「ザ・ファクトリー2」として発表した。

そして今年、彼らにエチュード課題として出されたのは、ドイツの作家ヴォルフガング・ボルヒェルトの作品を原作としたもの。劇団「青俳」時代の蜷川が、67年に稽古場で発表した初演出品だという本作。今回、46年の時を経て現代の若者たちが挑戦する。

インフォメーション

さいたまネクスト・シアター
ザ・ファクトリー4
『ヴォルフガング・ボルヒェルトの作品からの九章 −詩・評論・小説・戯曲より−』

【スタッフ】原作=ヴォルフガング・ボルヒェルト 訳=小松太郎
構成・演出=蜷川幸雄
【キャスト】さいたまネクスト・シアター

2013年11月22日(金)〜25日(月)
・会場=彩の国さいたま芸術劇場 大稽古場
・一般前売=11月3日(日・祝)開始
・料金=全席自由1,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5684