D-BOYSの五十嵐隼士が芸能活動を引退へ - 2013年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

俳優集団「D-BOYS」「D☆DATE」の五十嵐隼士が、芸能活動を引退することが発表された。

公式サイトによると、11月末日をもってD-BOYSを卒業し、所属事務所との契約が終了。最後の活動は、11月17日に開催されるD☆DATEのライブになるという。

五十嵐は「これまで9年間の芸能活動の中で、たくさんの役を演じてきました。そして、役者として日々、いろいろなことに興味を持とうと自分自身意識してきました。その中で、エンターテインメント以外の仕事にも興味が湧くようになり、一から勉強して、取り組んでみたいという気持ちが日々強くなっていきました」と説明。そして、「必ず自分の悔いの残らない人生を歩みます。今まで応援してくれた皆さま、お仕事を通してお世話になった皆さま、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べている。

ともにD☆DATEとして活動したメンバーたちは、それぞれのブログで「僕らD-BOYS・D☆DATE・事務所関係者は思いを受けとめ、これからも隼士さんを応援していく決意です」(瀬戸康史)、「悲しいし、寂しいですが、彼の覚悟を決めた勇気と強い意思を尊重し、受け入れ、17日のFINALを最高のステージにして見送りたいと思います」(荒木宏文)、「隼さんの決めた道なので後輩の僕としては応援していきたいと思います!」(堀井新太)、「これから進む道は違いますが、お互い自分の道を一歩一歩頑張って歩んで行きましょう!」(柳下大)と、エールを送っている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5704