TEAM NACS・戸次重幸による初小説「ONE」が来年1月に発売 - 2013年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
戸次重幸「ONE」表紙\

▲ 表紙イラストは宮崎夏次系

拡大する

戸次重幸

▲ 戸次重幸

拡大する

北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS」の戸次重幸による初小説「ONE」が、14年1月31日(金)に発売となる。

本書は、1月より全国7会場にて行なわれる戸次の一人舞台『ONE』とのコラボ企画として執筆されたもの。戸次は、これまでに舞台のサブストーリーとなる6つの短編を、ウェブサイト「ダ・ヴィンチ電子ナビ」で連載しており、本書ではそれらの書き下ろし小説を収録している。また、公演のチケットが即日完売となってしまった舞台『ONE』だが、本書にて戯曲を完全収録。舞台を観られなくても、本編との関連性を楽しめるという。加えて、1万5千字にも及ぶロングインタビューも収められている。

■戸次重幸
僕とって“小説”は未知の領域だったのですが、周りの方々のお力添えもあり、今回の書籍出版という運びとなりました。6本の短編と、それぞれのストーリーに関連する7本の戯曲を執筆するということで計13本……大変でした(笑)。内容の方は、ファンタジーなものから、ドキュメントか?ってぐらいリアルなものまで、多彩なものになっています。お手に取っていただけたら幸いです。

価格は1,400円(税込)。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5788