「第35回ヨコハマ映画祭」で星野源、黒木華が最優秀新人賞を受賞 - 2013年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

映画ファンが主催する「第35回ヨコハマ映画祭」の日本映画ベストテンと個人賞が発表され、最優秀新人賞には星野源と黒木華らが選ばれた。

星野は「地獄でなぜ悪い」「箱入り息子の恋」で、黒木は「舟を編む」「草原の椅子」「シャニダールの花」などの演技が評価されての受賞となった。

ベストテン第1位および作品賞には、白石和彌監督の「凶悪」が選ばれた。

表彰式と上映会は、2月2日(日)に横浜・関内ホールにて開催される。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5798