「第48回紀伊國屋演劇賞」が決定 劇団ヴォードヴィルショーが団体賞を受賞 - 2013年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

紀伊國屋書店が主催する「第48回紀伊國屋演劇賞」が20日に発表され、団体賞には、今年創立40周年を迎えた劇団ヴォードヴィルショーが選ばれた。

そのほか、個人賞は草笛光子、池田成志、二村周作、小川絵梨子、林田麻里が受賞した。

各受賞者には賞状と、団体賞には200万円、個人賞には50万円の賞金が贈られる。贈呈式は1月21日(火)に紀伊國屋ホールにて行われる。

インフォメーション

【第48回紀伊國屋演劇賞】

■団体賞

劇団東京ヴォードヴィルショー
『パパのデモクラシー』『その場しのぎの男たち』の優れた舞台成果に対して

■個人賞

草笛光子
パルコ・プロデュース公演『ロスト イン ヨンカーズ』におけるミセス・カーニッツの演技に対して

池田成志
イキウメ公演『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』における寺田量治、森永太二、NODA・MAP公演『MIWA』における半・陰陽の演技に対して

二村周作
シス・カンパニー公演『今ひとたびの修羅』、新国立劇場公演『OPUS/作品』、世田谷パブリックシアター公演『クリプトグラム』の美術に対して

小川絵梨子
名取事務所公演『THE PILLOWMAN ピローマン』、新国立劇場公演
『OPUS/作品』の演出に対して

林田麻里
TRASHMASTERS公演『来訪者』における姜秀英(ジェン・シュウイン)、『極東の地、西の果て』における伊武沢凪の演技に対して

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5817