三谷幸喜が手掛ける新たな人形劇「シャーロック ホームズ」が来年3月よりNHKで放送 - 2013年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

三谷幸喜が、イギリスの名作古典「シャーロック・ホームズ」を脚色。パペット・エンターテインメント「シャーロック ホームズ」が、NHKにて14年3月より放送される。

本作で三谷は「シャーロック・ホームズ」をミステリー学園ドラマとして斬新に脚色。トリックや推理など、原作の魅力を生かしつつも、三谷流のユーモアとウィットに富んだ脚色や、スリリングなストーリー展開を盛り込み、これまでにない新しい“少年シャーロック・ホームズ”を描く。

三谷脚色による人形劇「新・三銃士」を放送した同局。本作もパペットたちが演じる人形劇で、ファンタジックな世界観に、最新のデジタル技術を駆使した映像を融合させ、幅広い世代が楽しめる作品を目指すという。豪華声優陣や、それぞれの事件に犯人役などで登場するゲスト俳優も見どころの一つとのことだ。

三谷は「名探偵シャーロック・ホームズは小学校時代の僕のあこがれでした。そんなホームズの冒険の数々を人形劇で再現。こんなにわくわくする企画はそうはありません。誰もが見たかったシャーロック・ホームズ、誰もが想像しなかったシャーロック・ホームズを皆さんにお届けしたいと思っています」と意気込みを見せている。

物語は各回1話完結で全20回。NHK総合にて14年3月(第1回〜第3回)と8月(第4回〜第6回)に放送。Eテレにて10月から(第1回から)放送開始。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5825