古川日出男×蜷川幸雄 上田竜也主演『冬眠する熊に添い寝してごらん』が開幕 - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 4 井上芳雄

▲ 井上芳雄

拡大する

『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 6 左から蜷川幸雄(演出)、鈴木杏、井上芳雄、勝村政信

▲ 左から蜷川幸雄(演出)、鈴木杏、井上芳雄、勝村政信

拡大する

このほかの写真も見る

古川日出男脚本×蜷川幸雄演出『冬眠する熊に添い寝してごらん』が、本日9日に開幕。初日を翌日に控えた8日に、一部シーンが公開された。

ミュージシャンやダンサーとコラボするなど、ジャンルにとらわれない革新的な活動で注目を集める小説家・古川が書き下ろした戯曲を、蜷川の演出で送る本作。100年の時を超えて語られる、伝説の熊猟師と熊、そして犬の物語。日本の歴史の暗部に光を当てながら、奇妙な家訓のある良家で育った川下兄弟や女詩人の愛と憎しみをエネルギッシュにつづる。

物語の主軸となる川下兄弟の弟で、エリート商社マンの多根彦を演じるのは、蜷川作品に初挑戦となるKAT-TUNの上田竜也。兄弟の兄でライフル射撃選手の一(はじめ)に井上芳雄。そして兄弟の高祖父である“伝説の熊猟師”役を勝村政信、多根彦の婚約者となる女詩人・ひばり役を鈴木杏がそれぞれ担う。

古川×蜷川という注目タッグが実現した本作。蜷川は「(古川の戯曲が)理解できなくて大変でした。でも、その分頑張ったから面白いですよ」と自信を見せ、また「今日はお見せできなかったけど、“こんなのありか!?”というような普通の演劇では見られないシーンがたくさんあります。お客さんには笑って、泣いて、拍手して、感じるままに観ていただきたいですね」と魅力を語った。勝村は「つくるのは大変でしたが、その分、みんながエネルギーを出し合っていて、ほかの戯曲とは違うエネルギーが出ている」と手応えを感じている様子だった。

10年ぶりの蜷川作品となる井上は「何しろビビってまして……。せりふだけは入れてこようと、稽古に臨みました」と苦笑いで振り返ると、蜷川は「今までの井上くんでは見たことのないような芝居がありますよ」と明かした。

そして、主演の上田は、蜷川作品には初めての出演となる。上田が「緊張はしました。稽古ではがっつり指導していただいて、あの時はキツかったけど、今は楽しいですね。勝村さん、井上さんたちに助けてもらって感謝してます」と心境を明かすと、勝村は「まだ指導した分の受講料もらってないんですけど……」と会場を笑わせる場面も。

上田のことを蜷川は「意思が強そうだし、目つき悪いし、良いなと思ってましたが、昨日の通しがものすごく良かった。ジャニーズの人はみんなまじめなんですけど、上田くんは廊下でも稽古していたりしていて。昨日の芝居を見た後は“おー、才能あるな、お前”っていう感じでしたね。狂気がある」と絶賛。

これに対して上田は「狂気を出せば出すほど楽しくなっていくという感じで、素の自分にもそういうものがあるんでしょうね」と自身を分析し、鈴木も「稽古では、少しずつ開放されていく過程を見ることができましたね」と付け加えた。

最後に上田は、初日に向けて「この後の稽古も大事にして、まだまだもっと伸ばせるところは伸ばしたい」と気を引き締めつつも「すごく新しい舞台になっているんじゃないかなと思うので、ぜひご覧ください」とコメントし会見を締めくくった。

公演は2月1日(土)まで。

この記事の写真

  • 『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 1 勝村政信
  • 『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 2
  • 『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 3 井上芳雄
  • 『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 4 井上芳雄
  • 『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 5 鈴木杏
  • 『冬眠する熊に添い寝してごらん』開幕 6 左から蜷川幸雄(演出)、鈴木杏、井上芳雄、勝村政信

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5859