100周年記念で100名が“殿堂入り” 「宝塚歌劇の殿堂」が4月に開設 - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

阪急電鉄は、10日、宝塚歌劇創設100周年を記念した展示施設「宝塚歌劇の殿堂」を、4月にオープンさせることを発表した。

同施設では、宝塚歌劇の発展に寄与した100名を紹介する「殿堂ゾーン」、さまざまなテーマを設けて展示を行う「企画展ゾーン」、現役トップスターなどを紹介する「現在の宝塚歌劇ゾーン」という3つのゾーンで構成。「殿堂ゾーン」では、1期生の雲井浪子をはじめ、春日野八千代、乙羽信子、越路吹雪ら数々のスターや、創設者の小林一三など、卒業生64名とスタッフ36名が“殿堂入り”するという。

「宝塚歌劇の殿堂」は、宝塚大劇場ロビー棟2・3階に4月5日(土)オープン予定。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5863