三谷幸喜、市川海老蔵、橋爪功らが受賞 「第37回日本アカデミー賞」が発表に - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「第37回日本アカデミー賞」の各部門優秀賞と新人俳優賞が、16日に発表された。

「清州会議」で三谷幸喜が、監督賞・脚本賞を受賞。主演男優賞は、市川海老蔵(「利休にたずねよ」)、橋爪功(「東京家族」)らが受賞した。主演女優賞には、吉行和子(「東京家族」)、助演女優賞には、余貴美子(「あなたへ」)らが選ばれた。

新人賞は、黒木華(「舟を編む」「草原の椅子」)、星野源(「箱入り息子の恋」「地獄でなぜ悪い」)らが受賞。また、外国作品賞には「レ・ミゼラブル」が選ばれているほか、昨年亡くなった、三國連太郎さん、夏八木勲さんが会長特別賞を受賞した。

各部門の最優秀賞が発表される授賞式は、3月7日(金)にグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールにて開催される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5874