指揮者のクラウディオ・アバドさんが死去 - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

イタリアの指揮者クラウディオ・アバドさんが、20日、イタリア・ボローニャで死去した。80歳だった。00年に胃がんの手術を受け、闘病を続けていた。

33年、イタリア・ミラノ生まれ。60年にミラノ・スカラ座で指揮者デビュー。その後、スカラ座、ロンドン交響楽団、ウィーン国立歌劇場と世界の名門で音楽監督を歴任。90年には、カラヤンの後任として、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に就任した。

日本での来日公演も多く、03年に第15回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。13年にイタリアの終身上院議員に指名された。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5885