三田村邦彦、浅香唯らが出演 ミュージカル『アニー』製作発表会 - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アニー』2014会見 1 後列左から甲斐まり恵、生田智子、三田村邦彦、浅香唯、松田賢二、前列左から國分亜沙妃、吉井乃歌

▲ 後列左から甲斐まり恵、生田智子、三田村邦彦、浅香唯、松田賢二、前列左から國分亜沙妃、吉井乃歌

拡大する

このほかの写真も見る

4月より青山劇場にて上演されるファミリー・ミュージカル『アニー』の製作発表会が、都内で行なわれた。

1924年からアメリカで新聞連載がスタートした漫画をもとに、77年にブロードウェイで誕生した本作。日本では、86年の青山劇場での初演から今年で29年目となる。今回は、約9,000人の応募者の中からオーディションで選ばれたアニー役・國分亜沙妃&吉井乃歌の2人を含む合計28人の子どもキャストと、それを支える大人キャストを一新した“新生アニー”となる。

■國分亜沙妃 アニー役(スマイル組)
アニーの衣裳はあこがれだったのでお披露目できてうれしいです。(オーディションに受かった理由は)コツコツ頑張ったからかな?と思います。前向きで元気なアニーを演じたいです。稽古を一つひとつ大切にして、すてきな舞台にしたいです。

■吉井乃歌 アニー役(トゥモロー組)
小さいころから『アニー』をやりたかったので、一生懸命練習しました。大好きな衣裳を着られてすごく楽しいです。周りのみんなと仲良くなって、強くてかわいいアニーを演じたいです。

■三田村邦彦 ウォーバックス役
ウォーバックスにはまだ早い、若すぎると思ったのですが……、もう還暦なので、そう思っていたのは自分だけだったようです(笑)。涙あり、笑いありのすごく良い台本なので、初めて台本を読んだ時の感動をそのままに伝えられればと。まな板の鯉のように、何も考えないで演出通りにして役に近づきたいと思っています。一致団結して頑張ります。(子どもたちに)仲良くしてね!

■浅香唯 ミス・ハニガン役
意地悪な役は、私には不向きかなと思っていましたが、実はあこがれていたので、すごく楽しみです。子どもたちが、あらゆる困難にも立ち向かっていく姿を一番見せたいので、とことんいじめ抜かなければと思っています。意外に素で行けばいいのかな?と思っています(笑)。ミュージカルは初挑戦ですが、これまでたくさんの方がハニガンを演じているので、私らしいハニガンを演じられればと思います。

■生田智子 グレース役
おととしと昨年、子どもと拝見していて、子どもも『アニー』が大好きです。私自身も何度観ても感動、希望を持って帰れるこの舞台に出演できることをとてもワクワクしています。子どもにはまだ(出演することを)伝えていないので、今日、家庭内会見をしてみようかなと考えています(笑)。昨年に負けないように頑張ります。

■甲斐まり恵 リリー役
(子役キャストたちと同じ年のころから)ずっとミュージカルに出演することを目指していたので、初めてミュージカルで役をいただけて夢見心地です。多くの方に愛される大作のミュージカルに出演できることがうれしくて感極まっていますが、責任も感じています。人見知りしないで打ち解けて、チームワークを大切に、1日1日魂込めて全力投球で頑張ります。

■松田賢二 ルースター役
前回出演したときに、あらためて「自分は夢を売るという仕事をしているんだ」と感じました。お子さんたちに心洗われたので、今回も浄化されたいと思っています。2回目の出演となるので、ほかの皆さんには先輩ヅラしていきたいです(笑)。2年前の自分を超えることが目標で、観に来てくださるお子さんとお母さんの心をわしづかみにしてファンを増やしたいと思っています。

公演は東京のほか、宮城、大阪、愛知、新潟をめぐるツアー公演も予定されている。

この記事の写真

  • 『アニー』2014会見 1 後列左から甲斐まり恵、生田智子、三田村邦彦、浅香唯、松田賢二、前列左から國分亜沙妃、吉井乃歌
  • 『アニー』2014会見 2 國分亜沙妃(左)と吉井乃歌
  • 『アニー』2014会見 3

インフォメーション

丸美屋食品ミュージカル
『アニー』

【スタッフ】演出=ジョエル・ビショッフ
【キャスト】國分亜沙妃、吉井乃歌(Wキャスト)/三田村邦彦/生田智子/甲斐まり恵/松田賢二/浅香唯 ほか

2014年4月26日(土)〜5月11日(日)
・会場=青山劇場
・一般前売=2月1日(土)開始
・料金=全席指定S席8,500円/A席6,800円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5888