ディズニー映画「アナと雪の女王」吹き替え版キャストに神田沙也加&ピエール瀧が決定 - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ディズニー「アナと雪の女王」神田沙也加(左)とピエール瀧

▲ 神田沙也加(左)とピエール瀧

拡大する

3月より全国で公開されるディズニー最新作「アナと雪の女王」。その日本語吹き替え版のキャストに、神田沙也加とピエール瀧の2人が起用された。神田と瀧は、ヒロインのアナと雪だるまのオラフをそれぞれ担当。2人とも劇中曲の歌唱にも挑戦している。

アンデルセン童話の名作「雪の女王」をモチーフとした本作は、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹エルサとアナを主人公に、凍った世界を救う真実の愛を描くもの。

神田が演じる妹アナは、姉エルサと王国を救うため、危険をかえりみず旅に出るという役どころ。決まったことをサプライズで告げられたという神田は「急に電気が消えてケーキが出てきて、『え?何が?』と言ったら、アナ役に決まったと聞き、思わず『やったー!』と跳んで喜んでいました」と振り返った。

アナの声を演じるにあたって「自分が日本語版のオリジナルであるという自覚を持って演じました。アナは、感情がめまぐるしく変わって、それが表情に表れる女の子。どこか楽観的なところやがむしゃらなところ、そして、なんの根拠もないまま信じたものに対して強くなれるようなところは、私と似ているかなと思います」とアナとの共通点を語った。

そして、劇中曲については「ものすごく楽しかったです。昔からディズニーの音楽には、1回聴いただけなのに帰る時には口ずさんでしまう、というマジックがあると思っていました。今回の曲も1回聴いただけで耳に残る音楽で、歌わせていただけることがとてもうれしかったです」とコメント。先日発表されたエルサ役・松たか子とのデュエット曲にも注目だ。

一方、瀧が担当するオラフは、エルサが秘密の力でつくりだした雪だるまで、アナとともにエルサを探して旅をし、離ればなれになった姉妹をつなぐ物語の重要な存在。“夏にあこがれている雪だるま”というユニークなキャラクターで、劇中でもその思いを歌っている。出演依頼を聞いた瀧は「ディズニーさんの気が変わらないうちに早く『やろう!』と返事をしようと思いました。『早く録ってしまおう!』という気持ちですね(笑)」と喜びを語った。

映画は、3月14日(金)より2D/3D全国公開。

インフォメーション

ディズニー映画「アナと雪の女王」

【スタッフ】監督=クリス・バック/ジェニファー・リー
【キャスト】英語ボイスキャスト:イディナ・メンゼル/クリステン・ベル/ジョシュ・ギャッド/サンティノ・フォンタナ/ジョナサン・グロフ
日本語ボイスキャスト:松たか子/神田沙也加/ピエール瀧 ほか

2014年3月14日(金)2D・3Dロードショー

配給:ウォルト・ディズニースタジオャパン
© Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5893