橋本さとし&一路真輝ら出演 韓国ミュージカル『シャーロック・ホームズ』が上演中 - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『シャーロック・ホームズ』1 橋本さとし

▲ 橋本さとし

拡大する

『シャーロック・ホームズ』6 左から板垣恭一(演出)、昆夏美、浦井健治、一路真輝、橋本さとし、ソン・ヨンジン(韓国版主演)、ノ・ウソン(脚本・作詞、韓国版演出)、チェ・ジョンユン(音楽)

▲ 左から板垣恭一(演出)、昆夏美、浦井健治、一路真輝、橋本さとし、ソン・ヨンジン(韓国版主演)、ノ・ウソン(脚本・作詞、韓国版演出)、チェ・ジョンユン(音楽)

拡大する

このほかの写真も見る

橋本さとし&一路真輝らをキャストに迎え、韓国のヒット・ミュージカルの日本版を上演。ミュージカル『シャーロック・ホームズ〜アンダーソン家の秘密〜』の東京公演が、22日に開幕した。

本作は、11年に大学路(テハンノ)で初演された、韓国オリジナル・ミュージカル。同年の「第17回韓国ミュージカル大賞」で作曲賞、シナリオ賞、最優秀作品賞を、翌12年の「第6回ザ・ミュージカル・アワーズ」では、演出賞・作曲/作詞賞・脚本賞・新人男優賞・2011年創作ミュージカル賞の5部門を受賞するなど、高い評価を受けた人気作だ。

開幕を前に、囲み会見が行なわれ、音楽を手掛けたチェ・ジョンユンは「これが、僕にとっての日本デビュー。韓国の音楽をお聞かせすることができてうれしく思います」と喜びのコメント。脚本・作詞と韓国版演出のノ・ウソンは「2年前の韓国初演の時と同じ気持ち。日本のアーティストの方たちが、どのように新しくつくり変えてくださったのか、早く観たいというワクワクした気持ちでいっぱいです」と、期待を寄せていた。

また、韓国版でホームズ役を演じたソン・ヨンジンは「オリジナル・メンバーとして、この日本の『シャーロック・ホームズ』を観られることは本当に光栄。個人的には新婚旅行も兼ねて日本に来ているので幸せな気持ちです(笑)」と笑顔を見せた。

本作の大きな特長の一つがホームズの相棒・ワトスンを女性が演じるということ。これについて問われると、ウソンは「舞台版では、ホームズの足りないところを埋めてあげる存在として、ワトスンは女性だと考えました。また、音楽的なバランスの点からも、女性が良いのではと考えました」とその意図を明かした。

そのほか、会見での主なコメントは以下の通り。

■板垣恭一(演出)
サスペンスと愛のあふれる脚本、ロマンチックでダイナミックな音楽で、オリジナルの皆さんがつくってくれた、ハートの部分を大切に、どうしたらそれがストレートにお客さんに伝わるだろうかと考えてつくりました。そして、我らがキャスト陣のエネルギーで、とても楽しく稽古ができました。とても満足しております。お客さんに観てもらえるのがとても楽しみです。

■橋本さとし
韓国のオリジナルの方々と一緒に東京公演の初日を迎えられるのは、本当にうれしく思ってます。ご本家の方が観ているというのは、プレッシャーでもありますが(笑)。キャッチコピーに「この世で最も凶悪な凶器は、愛だ」とありますが、僕たちはお客さんから受けた愛を最強の武器にして、この舞台をこれからまだまだ育てていきたい。ですから皆さん、愛をください!

■一路真輝
原作と一番違うのが、ワトソンが男性から女性になったことだと思います。そういう意味では、ちょっとプレッシャーを感じてますが、大阪のお客さんがとても喜んでくれたことが、非常に私たちの励みになっています。韓国のカンパニーの皆さんが長い時間を掛けてつくり上げたこの作品を、こうしてやらせていただけることに、感謝の気持ちを込めて、チーム一丸となって必ず良いものにしたいと思います。

■浦井健治
この作品を日本版としてつくってきましたが、本当に誇れるキャスト・スタッフで、誰一人欠けても成立しない、このカンパニーならではの、たくさんの宝石が散りばめられた、作品に仕上がったと思っています。先ほど、ウソンさんからいただいた「この役を君に預けるね」という言葉がすごく熱くて、とても幸せに思います。責任を感じながらちゃんと演じていきたいと思います。

■昆夏美
日本初演のメンバーとしてこのカンパニーに、携われたことを本当にうれしく思います。大阪での皆さんの盛り上がりをひしひしと感じたので、東京でも『シャーロック・ホームズ』中毒者があふれかえるんじゃいかな(笑)。この作品は“サスペンス・ミュージカル”という、一つの言葉では言い表せないような、いろいろな要素が含まれていますので、1回目はストーリーを追って、2回目からはもっと細部を見てと、何度もご覧いただけたらいいなと思っています。

東京公演は、2月4日(火)まで。その後、各地をめぐるツアー公演も行なわれる。

この記事の写真

  • 『シャーロック・ホームズ』1 橋本さとし
  • 『シャーロック・ホームズ』2 一路真輝
  • 『シャーロック・ホームズ』3 橋本さとし(左)と一路真輝
  • 『シャーロック・ホームズ』4 昆夏美(左)と浦井健治
  • 『シャーロック・ホームズ』5
  • 『シャーロック・ホームズ』6 左から板垣恭一(演出)、昆夏美、浦井健治、一路真輝、橋本さとし、ソン・ヨンジン(韓国版主演)、ノ・ウソン(脚本・作詞、韓国版演出)、チェ・ジョンユン(音楽)
  • 『シャーロック・ホームズ』7 橋本さとし(左)とソン・ヨンジン(韓国版主演)

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5897