声優・俳優の永井一郎さんが死去 - 2014年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

声優・俳優の永井一郎さんが、27日、虚血性心疾患のため、広島市のホテルで急死した。82歳だった。同市でナレーション収録の仕事を終えた翌日、ホテルの部屋の浴槽で倒れているのを従業員が発見。病院に搬送後、死亡が確認された。

大阪府出身。京都大学在学中に演劇を始め、卒業後に上京し、劇団三期会に参加。その後、海外ドラマや映画の吹き替えから声優としての活動を始め、69年の放送開始から現在までフジテレビの人気アニメ「サザエさん」の磯野波平を担当。“バカモ〜ン!”と息子のカツオを叱る声が、お茶の間で親しまれた。

そのほか、「ゲゲゲの鬼太郎」の子泣き爺(じじい)、「機動戦士ガンダム」のナレーション、「じゃりン子チエ」の小鉄、「うる星やつら」の錯乱坊、「YAWARA!」の猪熊滋悟郎など、数多くの人気アニメで活躍。吹き替えでは、海外ドラマ「ローハイド」のウィッシュボンや、映画「スター・ウォーズ」シリーズのヨーダ、「ハリー・ポッター」シリーズのダンブルドアなど幅広い役を務めた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5904