俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンさんが死去 - 2014年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
フィリップ・シーモア・ホフマン

▲ フィリップ・シーモア・ホフマン

拡大する

アメリカの俳優フィリップ・シーモア・ホフマンさんが、2日、ニューヨークの自宅アパートで死去しているのが見つかった。46歳だった。警察が死因を捜査中で、薬物の過剰摂取による急性中毒とみられる。

ニューヨーク大学で演劇を学び、90年代から映画やドラマに出演。映画「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」(92年)をはじめ、数々の作品で演技派俳優として注目を集め、アメリカの作家トルーマン・カポーティを描いた「カポーティ」(05年)ではアカデミー主演男優賞を受賞した。

舞台俳優としても活躍し、トニー賞には、『トゥルー・ウェスト』(00年)、『夜への長い旅路』(03年)、『セールスマンの死』(12年)で、3回ノミネートされた。

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5917