エルサ役・松たか子、アナ役・神田沙也加の歌う「アナと雪の女王」ミュージック・クリップが公開 - 2014年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ディズニー「アナと雪の女王」場面写真 エルサ

拡大する

ディズニー「アナと雪の女王」来日イベントより。後列左からピーター・デル・ヴェッチョ(プロデューサー)、ジェニファー・リー監督、クリス・バック監督、前列左から本田紗来(子役、フィギュアスケーター)、神田沙也加、本田望結(子役、フィギュアスケーター)

▲ 後列左からピーター・デル・ヴェッチョ(プロデューサー)、ジェニファー・リー監督、クリス・バック監督、前列左から本田紗来、神田沙也加、本田望結

拡大する

このほかの写真も見る

ディズニー映画最新作「アナと雪の女王」吹き替え版で、松たか子と神田沙也加が歌うミュージカルシーンの映像が公開された。

アンデルセン童話の名作「雪の女王」をモチーフとし、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹エルサとアナを主人公とした本作。松演じる姉エルサのミュージカルシーンは、本年度のアカデミー賞主題歌賞にノミネートされている“Let it Go”だ。

英語版では、ブロードウェイで活躍する女優イディナ・メンゼルが歌う同曲。アメリカのディズニーYoutubeアカウントでは、すでに650万を超える再生回数を記録。世界中の人びとが自分なりに歌い上げた動画をアップするという現象も起こっているという。エルサが閉ざしていた心を開放し、奥深くの感情を表現するこの楽曲に、松は、メンゼルと同じキーで挑んでいる。

妹アナを演じる神田のミュージカルシーンは“For The First Time In Forever”。エルサの戴冠式や新しい出会いへの期待に胸を膨らませる気持ちを表現したシーンだ。

神田は、先日都内で行なわれたイベントにてこの曲を歌唱。来日した、監督のクリス・バック&ジェニファー・リーと、プロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョは「アナのエネルギーや喜びなどすべての要素を表現していて、オリジナル版声優のクリステン・ベルが見ても誇らしいアナ役を演じてくれました。神田さんの声はぴったりですね。彼女以外に、アナ役は考えられない」と神田の表現を絶賛。

神田は「ディズニーのヒロインの声を演じることができたことは今でも信じられませんし、お褒めの言葉をいただいて本当にうれしいです。キャラクターの魅力が伝わるように、クリエーターのイメージに沿うように演じました。自分の声でアナがつくられるので、もっと声をブラッシュアップして、アナと一緒に私も育っていきたいです」と感激していた。

映画は、3月14日(金)より2D/3D全国公開。

この記事の写真

  • ディズニー「アナと雪の女王」場面写真 エルサ
  • ディズニー「アナと雪の女王」来日イベントより。後列左からピーター・デル・ヴェッチョ(プロデューサー)、ジェニファー・リー監督、クリス・バック監督、前列左から本田紗来(子役、フィギュアスケーター)、神田沙也加、本田望結(子役、フィギュアスケーター)
  • 「アナと雪の女王」松たか子“Let it Go”
  • 「アナと雪の女王」神田沙也加“For The First Time In Forever”
  • 「アナと雪の女王」イディナ・メンゼル“Let it Go”
  • 「アナと雪の女王」25カ国語メドレー版“Let it Go”

インフォメーション

松たか子“Let it Go”

神田沙也加“For The First Time In Forever”


ディズニー映画「アナと雪の女王」

【スタッフ】監督=クリス・バック/ジェニファー・リー
【キャスト】英語ボイスキャスト:イディナ・メンゼル/クリステン・ベル/ジョシュ・ギャッド/サンティノ・フォンタナ/ジョナサン・グロフ
日本語ボイスキャスト:松たか子/神田沙也加/ピエール瀧 ほか

2014年3月14日(金)2D・3Dロードショー

配給:ウォルト・ディズニースタジオャパン
© Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5922