我が家の3人がてんぷくトリオのコントに挑戦 - 2014年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
てんぷくトリオ、井上ひさし

▲ てんぷくトリオと井上ひさし

拡大する

我が家

▲ 我が家

拡大する

このほかの写真も見る

こまつ座の6・7月の公演では、三波伸介、伊東四朗、戸塚睦夫の3人組「てんぷくトリオ」のコントを上演する。

テレビの構成作家から執筆活動を始め、劇作家として活躍する以前にコントを数多く手掛けた井上ひさし。本公演は、こまつ座が30周年を迎える今年、その原点に焦点を当てるというものだ。

てんぷくトリオの専属のコント書きだった井上は、その日の朝刊からピックアップした時事ネタを三者三様のキャラクターにうまく生かした。今回は、そのオリジナル台本の中から厳選したコントに、お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸、杉山裕之、谷田部俊の3人が挑戦する。

彼らはそれぞれに「てんぷくトリオさんのモノマネをする気はありません。というかできません。井上ひさしさんが追求した“笑い”を純粋に理解し表現できたら」(坪倉)、「時代は違えど、我が家のネタにちゃんとできるように、そして伊東四朗さんにも笑っていただけるような作品にしたい」(杉山)、「100パーセント再現することは不可能かもしれませんが、99.9パーセントにより近づけるように努力したい」(谷田部)と、意気込みを見せている。

そして、監修を務めるラサール石井は「演劇の世界に足を踏み入れたのは、井上ひさしさんにあこがれて劇団に入ったから」「俳優として伊東四朗さんを目標にし、演出家としていつかこまつ座さんとお仕事するのを夢見てきた」と思い入れを語り、「今回のこの機会は、神様が与えてくれた奇跡に近いです。井上さん、こまつ座さん、そして、てんぷくトリオさんの名に恥じぬよう、演芸的でかつ演劇的な舞台にしたいと思っています」と公演への抱負を述べた。

この記事の写真

  • てんぷくトリオ、井上ひさし
  • 我が家
  • ラサール石井

 

インフォメーション

こまつ座 第104回公演
『てんぷくトリオのコント』〜井上ひさしの笑いの原点〜

【スタッフ】作=井上ひさし 構成=元木すみお 監修=ラサール石井
【キャスト】我が家(坪倉由幸、杉山裕之、谷田部俊) ほか

2014年6月中旬〜7月
・会場=あうるすぽっと
・一般前売=4月開始予定 

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5935