指揮者の吉田裕史がイタリア・ボローニャ歌劇場フィルハーモニーの芸術監督に就任 - 2014年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

オペラなどで国際的に活動している指揮者の吉田裕史が、イタリアのオーケストラ「ボローニャ歌劇場フィルハーモニー」の芸術監督に就任する。

同オーケストラは、約250年の歴史を持つボローニャ歌劇場の管弦楽団の主要メンバーで構成され、イタリアを代表するオーケストラの一つとして知られる。日本人が芸術監督に就くのはこれが初めてだという。

吉田は、これまでにイタリア・マントヴァ歌劇場の音楽監督としても活躍。昨年、ボローニャ歌劇場との共同制作で、京都の清水寺でオペラを上演したことでも注目を集めた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5943