伊坂幸太郎の小説「死神の浮力」を福井晶一&ふかわりょうらの出演で舞台化 - 2014年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

伊坂幸太郎の小説「死神の浮力」が、4月に舞台化される。

原作は、対象の人間を7日間調査し、その対象者の死に可否の判定を下すことを仕事とする“死神”を主人公に、さまざまな人間模様を描いたもの。映画化や舞台化もされた人気作「死神の精度」に続く第2弾で、本作では、一人娘を殺害された小説家・山野辺夫妻と、死神(千葉)との交流をもとに、殺害犯の本城崇への復讐劇が繊細な心理描写とともに描かれる。

キャストには、小説家・山野辺遼役に福井晶一、死神(千葉)役に芸能生活20周年にして舞台初出演となるふかわりょう、山野辺の妻・美樹役にMEGUMI、犯人・本城崇役にD-BOYSの牧田哲也など、バラエティー豊かな面々がそろう。

演出を手掛けるのは、前作「死神の精度」の舞台版『7Days Judgement』で好評を得た和田憲明。「ドラマライブラリー」と題し、“限りなく芝居に近いリーディング”という新たなスタイルで送る。

インフォメーション

ドラマライブラリー
『死神の浮力』

【スタッフ】脚本・演出=和田憲明
【キャスト】福井晶一/ふかわりょう/MEGUMI/牧田哲也(D-BOYS)/遠藤留奈(THE SHAMPOO HAT)/鬼頭真也(夜ふかしの会)/原慎一(夜ふかしの会)

2014年4月22日(火)〜28日(月)
・会場=本多劇場
・一般前売=2月22日(土)開始
・料金=5,000円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5947