宝塚歌劇団雪組トップスターの壮一帆が退団へ - 2014年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、雪組トップスターの壮一帆が、8月31日(日)、『一夢庵風流記 前田慶次』『My Dream TAKARAZUKA』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団することを発表。13日に会見を行った。

壮は、まず「さまざまな方々と出会い、経験をさせていただけたことは、人生の中でも最も輝かしい日々であったとあらためて思います」とあいさつ。

退団については「雪組に組替えというお話をいただいた時に、3作の本公演に自分の持てる力をすべて発揮して卒業しようと決めた」「自分が目指す最高の舞台をつくる上で必要な体力・精神力を冷静に考えた上で、自分の舞台人として燃え尽きることができる時が今だなと考えるにいたりました」と明かした。

19年間の在籍期間での思い出を問われると、3回の組替えがターニングポイントであったと述べ、また「花組時代に当時トップスターの真飛(聖)さん、同期の蘭寿とむとともに“組”ということを意識しながら作品をつくり上げていた時が、今から思うと非常に勉強にもなりましたし、現在にも大きく役立っている」と振り返った。

そして「自分が好きなことを多くの方々に喜んでいただけるということは本当に素晴らしく、うれしいことだと思いますので、いつもファンの皆さまが期待して、ワクワクしていただけるような男役を目指してやってきました」と語った。

最後に、ファンに対して「本当に『ありがとうございました』という感謝の言葉しかありません。何度も壁が立ちはだかった時に乗り越えることができ、今の壮一帆があるのは、ファンの皆さまが温かい激励をくださったから、そばにいて応援してくださったからだと本当に思います」と感謝の言葉を送った。

サヨナラ公演は、宝塚大劇場にて6月6日(金)から7月14日(月)まで、東京宝塚劇場にて8月1日(金)から31日(日)まで行われる。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5948