「第6回沖縄国際映画祭」が3月に開催 - 2014年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「第6回沖縄国際映画祭」会見 1

拡大する

3月に開催される「第6回沖縄国際映画祭」のプログラム発表会見が、19日に都内で行なわれた。

“Laugh&Peace”をコンセプトに、09年よりスタートした同映画祭。今年は、「島ぜんぶでおーきなこと!」をキャッチコピーに、映画上映やステージイベントだけでなく、沖縄県の各所にてさまざまな企画が展開。レッドカーペットイベントも、沖縄コンベンションセンターと国際通りの2会場で行なわれるなど、新しい試みにも取り組む。

目玉である映像コンペティションでは、今秋開催の「京都国際映画祭」との連動を予定。そして、コンペティション部門から「テレビディレクターズムービー」が独立し、放送局やイオンエンターテイメントとの共同で制作、配給、上映を行っていくことも発表された。

エグゼクティブ・ディレクターの奥山和由は、宜野湾のビーチで行う、世界最大のスクリーンでの「ゼロ・グラビティ」野外上映や、岡田将生主演「オーファーザー!」プレミア上映などの見どころを紹介し、「映画がみなさんの目に触れて、評価の中で成長していく。それこそ『沖縄国際映画祭』です」と意気込みを見せた。

会見には、ガレッジセール、品川ヒロシ、鉄拳、NMB48のメンバーなども登壇。ガレッジセール・ゴリは「“3月になったら、沖縄映画祭の季節だね”と、この季節になるとこの祭りが来るという風物詩になったなと思います。沖縄県民なら誰しもが知ってます!」とコメント。

近年、話題を集めた自作のパラパラ漫画が、「FURIKO−振り子−」として実写映画化される鉄拳は「いまからワクワクしてます」「(中村獅童、小西真奈美、武田鉄矢ら)キャストが豪華なんです!」と期待を寄せた。

沖縄国際映画祭は、3月20日(木)から24日(月)までの5日間開催。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5971