元トップスターたちが豪華競演 宝塚歌劇100周年記念『セレブレーション100!宝塚』製作発表会 - 2014年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『セレブレーション100!宝塚』会見 3 左から蒼乃夕妃、大鳥れい、風花舞、湖月わたる、稔幸、杜けあき、高嶺ふぶき、姿月あさと、貴城けい、星奈優里、彩乃かなみ

▲ 左から蒼乃夕妃、大鳥れい、風花舞、湖月わたる、稔幸、杜けあき、高嶺ふぶき、姿月あさと、貴城けい、星奈優里、彩乃かなみ

拡大する

このほかの写真も見る

宝塚歌劇100周年を記念した公演『セレブレーション100!宝塚〜この愛よ永遠に〜』の製作発表会が、5日、都内で行なわれた。

本公演は、宝塚歌劇の選りすぐりの名曲・名場面を、歴代トップスターたちによる歌とダンスで繰り広げるショーステージ。『ベルサイユのばら』『エリザベート』『風と共に去りぬ』といった代表作品はもちろん、各スターの名場面を披露するなど、同歌劇団の魅力を凝縮した舞台を送る。

会見での主なコメントは、以下の通り。

■杜けあき
ついに100周年の年を迎え、私の心の中はお祭り騒ぎのような状態になっております。卒業生4500人の精神、思いを受けて、伝統や歴史、華やかさを伝えたいと思っております。今回のレギュラーメンバーでは最年長ですが、宝塚歌劇団は、時に最下級生であったり、最上級生であったりといろいろな思いができます。宝塚歌劇団の生徒に戻れるこの100周年を楽しみながら、原点に返って頑張りたいと思います。

■高嶺ふぶき
私にとっての宝塚は、核細胞から脳細胞まで全部つくってくれた、母の子宮のような存在です。“宝塚は生きた伝説”と、演出の三木先生がおっしゃっていましたが、年輪はその芸の上だけで感じさせ、身はそのまま現役のころと何も変わらないね、と言われるように、身を引き締め、お客さまに楽しんでいただけるよう頑張りたいと思いますので、皆さまお誘い合わせの上、ぜひ観にいらしてください。

■稔幸
数年前から始まったOG公演に続けて出させていただき、これまでの公演はゲスト出演で精いっぱいだったのですが、そのたびにOGのパワーを受けて、私も頑張らなければ、と思っていました。今回はレギュラーとして頑張ります。心して臨みますので、よろしくお願いします。

■姿月あさと
(宝塚音楽学校の)受験前に拝見したことのない方、現役時代一緒の方、下級生で今回始めてご一緒する方がたくさんいらっしゃる、自分自身が経験のしたことがない貴重な舞台です。世界に1つしかない“宝塚歌劇団”のステージに出させていただきますので、心をこめて頑張りたいと思います。

■湖月わたる
今回の『セレブレーション100!宝塚』のレギュラーメンバーとして、先輩方、そして後輩の皆さんとご一緒できることを本当に光栄に思っております。OG公演の魅力は、客席と舞台との距離が近いことだと思っております。夢のようなひと時を劇場という特別な空間で感じてください。

■貴城けい
本日レギュラーメンバーが初めて顔をそろえましたが、こんなにもすごい方々の中に入れていただけて、とてもうれしく思っております。100周年を迎えて、いよいよこのお祭りの年がきたなと、あらためて実感しました。宝塚とお客さまに感謝を込めて、力を合わせて精いっぱい公演を務めてまいりたいと思います。

■風花舞
100周年ということで、その歴史の中に自分の人生も組み込まれていることを、とても光栄に思っています。私自身が、このお祭り、祭典を悔いなく楽しんで、舞台を務めさせていただきたいと思います。お客さまが公演を観て、昔を懐かしんでいただき、100年を超えても宝塚歌劇団を愛していただけるように精いっぱい頑張ります。

■星奈優里
OG公演に多数出させていただき、毎回、現役時代では考えられない先輩方や後輩メンバー、組や時代を超えたキャストで共演できるのでとても幸せです。誰よりも自分が楽しむつもりですので、そんな(楽しんでいる)私たちを観て、客席で一緒に楽しんでいただけたらと思います。

■大鳥れい
大好きな宝塚の100周年の記念公演に出られることは、本当に幸せです。退団後、苦しいことや辛いことがある時、その壁を越えようと思った時、いつも「宝塚の時ならどうしていたか」を考えていました。私の中の存在が大きい宝塚歌劇団への感謝の気持ちを込めて、一生懸命舞台を務めます。

■彩乃かなみ
(宝塚歌劇団の現役生・卒業生含め)4500人の中の1人として、この場所に立っていることを光栄に感じます。4500人の皆さんだけではなく、宝塚歌劇団にかかわった皆さんと一緒だからこそ、ここまで100年間続くことができました。この感謝の気持ちを舞台でお返ししたいと思います。

■蒼乃夕妃
今回のレギュラーキャストの中では最下級生として参加しています。私が宝塚歌劇団の舞台を観ていた、まさに私が入りたいと思った時に出演されていた方々と、同じ舞台に立てることは本当に誇りです。宝塚歌劇団のために、そして、お客さまに楽しんでいただくために、私なりにできることで少しでも力になりたいと思います。

■麻路さき コメント(舞台出演のため欠席)
宝塚歌劇100周年の記念すべき年に、この華やかな『セレブレーション100!宝塚』の舞台に立てる幸せをかみしめています。先人の先輩方が、まだ女性が男性を演じるなんてできない時代から、それに挑戦し認められ続いてきたからこそ、私も宝塚に入り男役ができました。これまで宝塚にかかわってきた、すべての方々がいたからこそ、今があります。私も100周年の歴史の中にかかわれたことを誇りに思い、宝塚卒業生として恥ずかしくない舞台をお見せできるよう頑張ります。

この記事の写真

  • 『セレブレーション100!宝塚』会見 1 左から蒼乃夕妃、大鳥れい、風花舞、湖月わたる、稔幸、杜けあき、高嶺ふぶき、姿月あさと、貴城けい、星奈優里、彩乃かなみ
  • 『セレブレーション100!宝塚』会見 2 左から蒼乃夕妃、大鳥れい、風花舞、湖月わたる、稔幸、杜けあき、高嶺ふぶき、姿月あさと、貴城けい、星奈優里、彩乃かなみ
  • 『セレブレーション100!宝塚』会見 3 左から蒼乃夕妃、大鳥れい、風花舞、湖月わたる、稔幸、杜けあき、高嶺ふぶき、姿月あさと、貴城けい、星奈優里、彩乃かなみ
  • 『セレブレーション100!宝塚』会見 4 左から蒼乃夕妃、大鳥れい、風花舞、湖月わたる、稔幸、杜けあき、三木章雄(演出)、高嶺ふぶき、姿月あさと、貴城けい、星奈優里、彩乃かなみ

インフォメーション

『セレブレーション100!宝塚〜この愛よ永遠に〜』

【スタッフ】構成・演出=三木章雄 音楽監督=吉田優子(宝塚歌劇団)
【キャスト】杜けあき/麻路さき/高嶺ふぶき/稔幸/姿月あさと/湖月わたる/貴城けい/風花舞/星奈優里/大鳥れい/彩乃かなみ/蒼乃夕妃 ほか

■東京公演

2014年5月18日(日)〜6月8日(日)
・会場=青山劇場
・一般前売=3月15日(土)開始
・料金=全席指定S席12,000円/A席8,000円/B席5,000円

■大阪公演

2014年6月24日(火)〜30日(月)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・一般前売=4月6日(日)開始
・料金=全席指定S席12,000円/A席8,000円/B席5,000円

■愛知公演

2014年6月13日(金)・14日(土)
・会場=愛知県芸術劇場 大ホール
・一般前売=3月15日(土)開始

■島根公演

2014年6月20日(金)
・会場=島根県民会館 大ホール
・一般前売=3月22日(土)開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5995