木南晴夏&高畑充希出演 森新太郎演出『奇跡の人』が今秋上演 - 2014年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『奇跡の人』木南晴夏(左)と高畑充希

▲ 木南晴夏(左)と高畑充希

拡大する

家庭教師アニー・サリヴァンと三重苦の少女ヘレン・ケラーを題材とした、ウィリアム・ギブソンの戯曲『奇跡の人』が、木南晴夏&高畑充希の出演により上演される。

59年にアン・バンクラフト&パティ・デューク出演によってブロードウェイで初演され、日本でも上演が重ねられ親しまれる本作。今回、読売演劇大賞受賞や芸術選奨新人賞受賞などで注目を集める森新太郎を演出に迎え、新演出版として上演される。

木南が挑むのは、大竹しのぶ、田畑智子、鈴木杏が演じてきた家庭教師アニー・サリヴァン。「女優人生においてサリヴァン(役)は一つの夢だった」と語る木南は、「プレッシャーももちろんありますが、精いっぱい自分のサリヴァンを演じたいと思います」と意気込みを見せている。

一方、ヘレン・ケラー役は、高畑が09年公演から続投。高畑は「高校3年生のころの、懸命にヘレンに向き合っていた自分の顔に泥を塗るわけにはいかないので今回も必死で楽しみます」と気合のコメント。そして「初めてご一緒する森さんにゆだね、生き生きした人物になればと思っています」と語っている。

インフォメーション

『奇跡の人』

【スタッフ】原作=ウィリアム・ギブソン 翻訳=常田景子 演出=森新太郎
【キャスト】木南晴夏/高畑充希/馬渕英俚可/白石隼也/平田敦子/北川勝博/青山伊津美/梅沢昌代/立川三貴 ほか

■東京公演

2014年10月10日(金)〜19日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場

■大阪公演

2014年10月21日(火)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

各公演とも
・チケット発売中
・料金=全席指定S席8,800円/A席6,800円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6018