宝塚歌劇団花組トップ娘役・蘭乃はなが退団へ - 2014年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、花組トップ娘役の蘭乃はなが、11月16日(日)のミュージカル『エリザベート −愛と死の輪舞(ロンド)−』東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団することを発表。20日に会見を行った。

蘭乃は、退団について「昨年の『オーシャンズ11』の公演中にとても充実した気持ちになりまして、そのころから卒業を意識し始めました」「『エリザベート』は、私を宝塚に導いてくれた思い入れのある作品ですので、このタイミングで決断致しました」と、決意に至った心境を述べ、また、現在上演中の東京宝塚劇場公演で退団となる、同組トップスターの蘭寿とむからは「娘役として卒業のあり方はさまざまだけど、自分の人生を考えて決めなさい」という言葉を受けたと明かした。

退団後については「まだ何一つ考られません。卒業するその日まで目の前にあることに対して真摯に取り組むことが今の私にできることだと思います」とコメント。

そして最後に、ファンへ向けて「心から感謝の気持ちでいっぱいです。卒業するその日まで、日々精進し、感謝の気持ちを忘れずに宝塚にまっすぐ、役にまっすぐ、自分にまっすぐに取り組んで参りたいと思います」とメッセージを送った。

サヨナラ公演は、宝塚大劇場にて8月22日(金)から9月22日(月)まで、東京宝塚劇場にて10月11日(土)から11月16日(日)まで行われる。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6029