大賞は『レ・ミゼラブル』スタッフ・出演者一同へ 「第39回菊田一夫演劇賞」発表に - 2014年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

東宝は、4日、「第39回菊田一夫演劇賞」を発表。大賞は、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のスタッフ・出演者一同へ贈られることとなった。

そのほかの受賞者は以下の通り。授賞式は、16日(水)に、東京會舘にて行われる。

インフォメーション

【第39回菊田一夫演劇賞】

■大賞

『レ・ミゼラブル』スタッフ・出演者一同(『レ・ミゼラブル』の高い舞台成果に対して)

■演劇賞

宮沢りえ(『MIWA』のMIWAの役の演技に対して)
中村勘九郎(『さらば八月の大地』の張凌風、『真田十勇士』の猿飛佐助の役の演技に対して)
田代万里生(『トゥモロー・モーニング』のジョン、『スクルージ』のハリーと若き日のスクルージの役の演技に対して)
栗山民也(『木の上の軍隊』『マイ・ロマンティック・ヒストリー〜カレの事情とカノジョの都合〜』『それからのブンとフン』の演出の成果に対して)

■特別賞

草笛光子(永年の舞台の功績に対して)

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6059