ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』が上演中! - 2014年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アダムス・ファミリー』初日会見

拡大する

ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』6

拡大する

ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』9

拡大する

撮影=引地信彦

このほかの写真も見る

ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』の日本語上演版が7日、青山劇場で開幕。その前日、記者会見と公開舞台稽古が行われた。

91年の映画版でもなじみ深い、アメリカの漫画家チャールズ・アダムスの一コマ漫画をもとに、『ジャージー・ボーイズ』の脚本家コンビ、マーシャル・ブリックマン&リック・エリスの台本、『ビッグ・フィッシュ』を手掛けたアンドリュー・リッパの作詞作曲で、10年にブロードウェイ初演。不幸や忌まわしいものが大好きなアダムス家の長女ウェンズデーがボーイフレンド・ルーカスとその家族を家に招いたことから巻き起こる騒動を、多彩な楽曲や、タンゴのダンスシーンなどに乗せてにぎやかにつづる。

日本版演出は白井晃が担当。ギャグやお化け一家ならではのシニカルな描写をふんだんに交えながら、家族愛や登場人物それぞれの成長、そしてそれに伴う切なさを丁寧に描き出し、不気味さと温かみを両立させた。一家の主人ゴメス役の橋本さとしは、妻と娘の板挟みになる男を愛きょうたっぷりに好演。元宝塚歌劇団男役トップスターたる妖艶さと異世界感で妻モーティシアを怪演した真琴つばさと息の合った掛け合いを披露した。

また、高い歌唱力と演技力で全体を引っ張ったウェンズデー役の昆夏美のほか、ボーイフレンド役で奮闘を見せたD-BOYSの柳下大、姉を取られてしまう悲しさを身体いっぱいに表現した弟パグズリー役の玉沢威穏/菊池銀河(Wキャスト)、そして月に恋する不思議なフェスター叔父さんをゆかいに演じた今井清隆など、それぞれ役の雰囲気にぴたりと合い、見事に日本版“アダムス・ファミリー”の世界を構築。古き良きグラウンドミュージカルの楽曲も聴き応え十分で、近年では珍しい豪華な生演奏が舞台に華を添えた。

記者会見での主な登壇者のコメントは以下の通り。

■白井晃(演出)
映画の存在がわれわれにとって非常になじみ深いのですが、映画とも、またドラマとも全然違うストーリーがあります。この『アダムス・ファミリー』のブラックなユーモアを分かっていただくために、日本の観客に通じやすい翻訳のジョークにしたり、演出面でもオリジナルな形でやらせていただいています。日本版ならではの、ローテクノロジーを駆使したからこそ楽しめる演出を楽しんでいただければ。

■アンドリュー・リッパ(作詞作曲)
日本語で言えるのは、「熱いねー」の一言だけなので、もう少し日本語をうまくなりたいと思います。日本での上演にあたり、皆さんにお礼を申し上げたい。この素晴らしいキャストに、素晴らしい演奏だと聞いております。明日の初日が楽しみです。

■橋本さとし ゴメス役
あえて今回はこの作品『アダムス・ファミリー』を、「みんなファミリーだ」という気持ちで、一致団結してつくってきました。劇場に来られたお客さまのことも「ファミリー」と呼びたいです。

■真琴つばさ モーティシア役
責任をとても感じます。お化け役なので(自分の)ちょっと現実味に欠けるところが、この役で良かったなと。こんな感じではございますが、逆に人間らしさを出せるんじゃないかと思っています。どう? あなた(橋本「それで良いと思います」)。

■昆夏美 ウェンズデー役
『アダムス・ファミリー』のミュージカルをもともと知っていて、私が劇中で歌う曲も大好きな曲で、それを今回歌わせていただけることに、すごく縁を感じていて幸せです。普通のミュージカルでは味わえないような世界観を皆さんに体験していただけると思います。

■柳下大 ルーカス役
僕はアダムス家の最初のシーンや、自分が出ていない場面を客観的に観て、すてきな音楽とair:manさんの振付と白井さんの演出で、すごく楽しめるミュージカルになってるなと思っていて。自分も精いっぱい楽しんで、お客さまに満足してもらえるようなミュージカルにできればと思います。

■今井清隆 フェスター叔父さん役
フェスターは、家族の中で一番ロマンチストというか、愛にあふれてて、家族一人ひとりのことを非常に心配し、月に恋している。ちょっと性的嗜好がよく分からない人間ですけれども、個性あふれるみんなと演じられることを、光栄に思っております。

公演は20日(日)まで。その後、愛知、神奈川、大阪でも公演あり。

この記事の写真

  • 『アダムス・ファミリー』初日会見
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』2
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』1
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』3
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』4
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』5
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』6
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』7
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』8
  • ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』9

インフォメーション


■愛知公演

2014年4月26日(土)・27日(日)
・会場=愛知県芸術劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定S席13,000円/A席10,000円/B席7,000円

■神奈川公演

2014年5月4日(日・祝)・5日(月・祝)
・会場=KAAT 神奈川芸術劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定S席11,000円/A席7,500円

■大阪公演

2014年5月10日(土)・11日(日)
・会場=オリックス劇場
・チケットを発売中
・料金=全席指定S席11,500円/A席5,000円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6077