白井晃、KAAT 神奈川芸術劇場・芸術参与就任会見 『Lost Memory Theatre』製作発表会 - 2014年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
白井晃 KAAT 神奈川芸術劇場・芸術参与就任会見

▲ 白井晃

拡大する

『Lost Memory Theatre』製作発表会 2 左から森山開次、美波、山本耕史、白井晃

▲ 森山開次、美波、山本耕史、白井晃

拡大する

このほかの写真も見る

白井晃が、KAAT 神奈川芸術劇場のアーティスティック・スーパーバイザー(芸術参与)に、4月1日付けで就任。就任記者会見と、白井が演出を手掛ける、同劇場のプロデュース公演『Lost Memory Theatre』の製作発表会が行なわれた。

11年1月に開館した同劇場。初代芸術監督の宮本亜門は、3月末で任期満了に伴い退任に。その後を受けて白井が、芸術参与として同劇場の運営に携わることとなった。任期は2年間で、その後は、芸術監督への就任も視野に入れているという。

白井は「光栄であるとともに、重責を仰せつかったと思っております。これまでにも、公共劇場とのお付き合いはこれまでにありましたので、そういった経験を生かしていきたい」「横浜は、東京からちょっと離れていて、でもさほど遠くないという、微妙な距離感。東京の演劇のムーブメントを俯瞰しながらも、また違う演劇の方向性を思考していけたら」と意気込みを語った。

そして、就任会見の後に行なわれた『Lost Memory Theatre』の製作発表会には山本耕史、美波、森山開次らも登壇。さらに、作品の原案となる音楽を担う三宅純も、パリの自宅からスカイプで会見に参加した。

■白井晃
この作品は、今まで、自分たちが当たり前のように考えていた、芝居のつくり方とは、異なる手法になります。三宅純さんの一つのアルバムから想起された、いろいろなシーンをコラージュのように積み重ねながら、“劇場”をモチーフにした作品をつくることができないだろうかと考えております。演劇なのか、コンサートなのか、ダンスパフォーマンスになるかも分からない、そういったボーダレスな作品群にしたい。就任第1作というで、今までやれなかったこと、実現できなかったことを、この劇場で再現できたらと思っております。クリエーションの制約をどれだけ外していけるかを目指して、めくるめくカオスな祝祭空間をつくることができたら。周りのスタッフには、ご迷惑を掛けると思いますが、“これがクリエーティブだ”というものになればいいなと思います。

■山本耕史
まずは、何をするのかまったく分かりません。白井さんのお話を聞いて、ますます分からなくなりました(笑)。でも、僕にとって白井さんは、兄であり、先生であり、俳優としての先輩・戦友でありと、いろいろな面を持っている信頼できる存在。今回は、未知な世界観に心を躍らせていて、新しい自分、新しい空間での息吹みたいなものを見つけられるんじゃないかなと思っております。本当に何が起こるか分からないですけど、不安はまったくなく、期待しかないです。きっとすごいものができるんじゃないかなと、自分自身も楽しみにしてます。

■美波
白井さんは、一度は絶対にご一緒したいと思っていた演出家でした。これまで、役者としては、役に近づき、理解するという作業が多かったのですが、今回の作品では、役そのものを自発的に創作していくものになるのではと、すごく楽しみにしています。日程に、2回公演がないですし、もしかしたら5時間になるかもしれない(笑)。そこからして分からないので、とにかく準備万端で稽古場に臨みたいと思います。

■森山開次
白井さんは広い視野で、音楽やダンスにも興味を持っていて、演劇だとか、演出というカテゴリーを感じさせない、いろいろな才能をお持ちの方。この企画を聞いた時に、「そうですよね」「こういうことがやりたいですよね」と、白井さんの思いが自分の中でも理解できました。すでに、タイトルから自分が想像できることが、たくさんあって、勝手ではありますが、三宅さんの音楽を聴きながら、いろいろな想像を膨らませて、ああでもないこうでもないと、踊っている自分がいます。この感覚を稽古場でぶつけていきたいなと思っています。

■三宅純
本当に音楽家冥利に尽きるようなお話で、驚いたと同時に、光栄に思っております。皆さんおっしゃるように、まったく何が起こるか分からない状態で僕も臨んでおります。こうなったら、最後まで何が起こるのか分からない状態を、初日までではなく、千秋楽まで維持できるように、クリエーションのカオスを楽しみきって終えられたらいいなと思っております。

この記事の写真

  • 白井晃 KAAT 神奈川芸術劇場・芸術参与就任会見、『Lost Memory Theatre』製作発表会 1 白井晃
  • 『Lost Memory Theatre』製作発表会 2 左から森山開次、美波、山本耕史、白井晃
  • 『Lost Memory Theatre』製作発表会 3 山本耕史
  • 『Lost Memory Theatre』製作発表会 4 美波
  • 『Lost Memory Theatre』製作発表会 5 森山開次

インフォメーション

『Lost Memory Theatre』

【スタッフ】原案・音楽=三宅純 構成・演出=白井晃 テキスト=谷賢一 振付=森山開次
【キャスト】山本耕史/美波/森山開次/白井晃/江波杏子 ほか

2014年8月21日(木)〜31日(日)
・会場=KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
・一般前売=5月17日(土)開始
・料金=全席指定S席7,800円/A席5,800円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6098