大空祐飛、宝塚歌劇団退団後初のソロステージが今夏開催 - 2014年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
大空祐飛 Theatre de Yuhi『La Vie −彼女が描く、絵の世界』ビジュアル

拡大する

宝塚歌劇団退団以来、初となる大空祐飛のソロステージ「Théâtre de Yûhi」(テアトロ・ド・ユーヒ)が、7・8月に東京と大阪にて開催される。

歌や芝居、ダンス、パントマイムなど、大空が“舞台で表現すること”を探求していくという同公演。第1弾『La Vie −彼女が描く、絵の世界』は、1920〜30年代にかけて活躍した、伝説の美人画家タマラ・ド・レンピッカが題材。彼女の人生と絵の世界を、音楽やダンスでづづるライヴ・パフォーマンスになるという。

インフォメーション

Théâtre de Yûhi Vol.1
『La Vie −彼女が描く、絵の世界』

【スタッフ】企画プロデュース=大空祐飛 脚本・演出=児玉明子
【キャスト】大空祐飛

■東京公演

2014年7月31日(木)〜8月3日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場
・一般前売=6月15日(日)開始
・料金=全席指定S席9,800円/A席7,500円

■大阪公演

2014年8月22日(金)〜24日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・一般前売=6月15日(日)開始
・料金=全席指定S席9,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6100