16年のNHK大河ドラマは三谷幸喜脚本で真田幸村の生涯を描く - 2014年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

NHKは12日、16年度の大河ドラマが、三谷幸喜脚本による「真田丸」となることを発表した。

今回の主人公は、「真田十勇士」など、数々の作品の題材となった人気武将・真田幸村。ドラマでは、信州の小さな領主・真田家に生まれた幸村が、周囲の大名たちが繰り広げる戦乱の荒波に翻弄されながらも、家族とともに、知恵と勇気と努力で、時代をサバイバルしていく姿が描かれる。

タイトルの「真田丸」は、幸村が大坂の陣で築いた砦の名前。戦国の荒波に立ち向かう真田家を、一艘(そう)の船にも例えているという。

三谷が、大河ドラマの脚本を手掛けるのは、04年の「新選組!」以来、12年ぶり2度目。

ドラマは、第55弾作品として、16年1月より全50回で放送予定。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6144