錦織一清脚色・演出&戸塚祥太主演 つかこうへい作『出発』製作発表会 - 2014年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『出発』会見 1 芳本美代子

▲ 芳本美代子

拡大する

『出発』会見 2 村川絵梨

▲ 村川絵梨

拡大する

このほかの写真も見る

74年に故・つかこうへいが文学座に脚本提供し(演出は藤原新平)、78年、自らが演出を手掛けて以来、実に36年ぶりの上演となる舞台『出発』。その復活上演に、つか作品に多数出演し、演出も手掛けている錦織一清が挑む。主演を務めるのは、昨年、錦織演出で上演された『熱海殺人事件』にも出演したA.B.C-Zの戸塚祥太。共演には、石丸謙二郎、芳本美代子、村川絵梨、冨浦智嗣、蔵下穂波、佐藤蛾次郎といった、舞台やドラマ、映画で活躍する多彩なキャストが名を連ねる。

作品の舞台となるのは、父、母、長男、次男、長男嫁の、ある家族。父親の失踪を機に、家族の滑稽さやユーモアが浮かび上がり……。家族の在り方をあらためて問う“つか版日本長男物語”となっている。

以下、登壇者のコメント(なお、父親役の石丸謙二郎は欠席)

■我孫子正(松竹株式会社専務取締役演劇本部長)
ちょうど6年前、新橋演舞場で初めてつかさん演出の『幕末純情伝』(08年)を上演させていただきました(その後、2010年に『飛龍伝』も上演)が、つかさんがお亡くなりになり、つか作品とのご縁が切れてしまうのかと思っておりました。しかし昨年、錦織さん、戸塚さんと『熱海殺人事件』を松竹主催で上演させていただく機会に恵まれました。つかさんはお亡くなりになってしまいましたが、彼の精神が脈々と錦織さんをはじめとする多くの方々に受け継がれ、あらためて新橋演舞場でつか作品を上演できるということが私たちにとってもよろこびです。

■錦織一清(演出・脚色)
『出発』の原作を読ませていただいて、「今の世の中、家族がそろってこんなにたくさん会話をするものなのか?」と。家族に対して一人ひとりが興味や関心を持つことが薄れているように感じる現代で、かなりエネルギッシュな“つか版ホームドラマ”になっているので、家族の絆(きずな)というものを見つめ直すにはとてもいい作品だと思っております。原作の時代背景にはあまりとらわれず、現代の風刺も入れながら、(原作で描かれている)昭和のにおいも大切にしていきたいと思います。

■戸塚祥太
昨年、つかこうへいさんの作品に初めて触れさせていただいて、その時から1年経とうとしていますが、未だ薄れずに鮮明に残っています。強烈な経験をさせていただいたつか作品にまた触れることができ、しかも今度は主演という立場でやらせていただけることで、登場人物としてだけでなく、「戸塚祥太」としても、この作品を機に一歩前進して“出発”していきたいなと思っています。舞台上では思いっきりやりたいなと思っています。ぜひ楽しみにしていてください!

■芳本美代子
つかさんのお芝居は観ることのほうが多くて、いざやるとなるとすごく大変そうだなと思っています。共演者の皆さんは初めての方ばかりなので、いい座組になるといいなと、すごく期待しています。

■村川絵梨
(戸塚演じる夫役が)すごく“俺様長男”なので、その嫁として、いい感じに振り回されながら、負けないぞ!という感じでとにかく思い切り楽しみたいという意気込みです。つかさんの作品も初めてですし、新橋演舞場、南座、錦織さんの演出、共演者の方々、初めてのことだらけですが、楽しみでいっぱいです。

■冨浦智嗣
ちょうど10年くらい前に少しだけ舞台に出演させてもらったことがありますが、本格的な舞台は今回が初めてです。今すごく不安な気持ちもあるのですが、一生懸命がんばりたいと思っています。

■蔵下穂波
初舞台なので、皆さんの足をひっぱらないように必死に頑張ってやりたいと思います。今、実感がわいてきてすごく緊張しています。よろしくお願いします。

■佐藤蛾次郎
ニッキが演出……へぇ〜と思って。アイドルで演出家をする? うそだろう! と。僕は全然知らなかったんです。でも先日(錦織演出の)ミュージカル『オダサク』を観させていただいて、びっくりしました。安心して任せられます(笑)。一生懸命がんばります!

この記事の写真

  • 『出発』会見 1 芳本美代子
  • 『出発』会見 2 村川絵梨
  • 『出発』会見 3 冨浦智嗣
  • 『出発』会見 4 蔵下穂波
  • 『出発』会見 5 佐藤蛾次郎

インフォメーション

『出発』

【スタッフ】作=つかこうへい
【キャスト】戸塚祥太/石丸謙二郎/芳本美代子/村川絵梨/冨浦智嗣/蔵下穂波/佐藤蛾次郎

■東京プレビュー公演

2014年7月9日(水)
・会場=THEATRE1010
・一般前売=6月7日(土)開始
・料金=全席指定7,000円

■京都公演

2014年7月11日(金)〜14日(月)
・会場=京都四條南座
・一般前売=6月15日(日)開始
・料金=全席指定1等席8,000円/2等席5,000円/特別席9,000円

■愛知公演

2014年7月17日(木)
・会場=刈谷市総合文化センター
・一般前売=6月7日(土)開始
・料金=全席指定S席7,000円/A席4,000円

■長野公演

2014年7月18日(金)
・会場=須坂市文化会館 メセナホール
・一般前売=6月7日(土)開始
・料金=全席指定7,000円

■群馬公演

2014年7月19日(土)
・会場=富岡市かぶら文化ホール
・一般前売=6月7日(土)開始
・料金=全席指定7,000円

■山梨公演

2014年7月20日(日)
・会場=コラニー文化ホール
・一般前売=6月7日(土)開始
・料金=全席指定S席7,000円/A席5,000円

■福島公演(チャリティー公演)

2014年7月21日(月・祝)
・会場=福岡市公会堂
・一般前売=6月7日(土)開始
・料金=全席指定7,000円

■東京公演

2014年7月22日(火)〜27日(日)
・会場=新橋演舞場
・一般前売=6月15日(日)開始
・料金=全席指定S席8,500円/A席5,500円/特別席9,000円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6151