野田秀樹作品『THE BEE』English Versionがフランスで上演 ヨーロッパツアーが開幕 - 2014年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『THE BEE』English Version フランス公演 1 野田秀樹

▲ 野田秀樹(中央)

拡大する

『THE BEE』English Version フランス公演 2 左からグリン・プリチャード、野田秀樹、ぺトラ・マッシー

▲ 左からグリン・プリチャード、野田秀樹、ぺトラ・マッシー

拡大する

photo:naoko tamura

野田秀樹の舞台『THE BEE』English Versionが、現地時間13日、フランス・パリの国立シャイヨー劇場 グランド・ホワイエ(特設会場)にて開幕。14年のヨーロッパツアーがスタートした。

本作はこれまでに、イギリス、日本、アメリカ、香港、イスラエル、韓国、ルーマニアで上演されてきたが、フランスではこれが初演。観客は、新鮮かつ成熟した大人の反応で、時には大きな笑いを交えながらも、舞台上で展開される惨劇を見守った。そして、4度のカーテンコールという大反響の中で、フランス公演の初日の幕は閉じた。

■野田秀樹 コメント
初日の幕が上がり、舞台の上に立って初めて、久しぶりにものすごく緊張していることに気付きましたが、パリの観客から、思いがけず素晴らしいリアクションがあり、とてもありがたかった。パリの観客は、とても“OPNE MIND”で、大人として芝居への許容量がある。今日の初日がうまくいったことに慢心せず、明日からも頑張りたいと思います。素晴らしい形でパリデビューが果たせて、とてもうれしく思います。

フランスでの公演は、17日(土)まで。その後、5月27日(火)・28日(水)はドイツ・ルクセンブルク市立劇場にて、6月2日(月)から4日(水)まで、ドイツ・レックリングハウゼンのルール演劇祭にて公演を行う。

インフォメーション

『THE BEE』English Version ヨーロッパツアー 2014

【スタッフ】原作=筒井康隆〜「毟りあい」(新潮社)より〜 共同脚本=野田秀樹&コリン・ティーバン 演出=野田秀樹
【キャスト】野田秀樹/グリン・プリチャード/デヴィッド・チャールズ/ペトラ・マッシー

■フランス公演

2014年5月13日(土)〜5月17日(土)
・会場=パリ国立シャイヨー劇場

■ドイツ・ルクセンブルク公演

2014年5月27日(火)・28日(水)
・会場=ルクセンブルク市立劇場

■ドイツ・レックリングハウゼン公演

2014年6月2日(月)〜4日(水)
・会場=ルール演劇祭

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6153