デヴィッド・ルヴォーによるワークショップが開催 - 2014年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『昔の日々』会見 2 デヴィッド・ルヴォー

▲ デヴィッド・ルヴォー

拡大する

ハロルド・ピンターの代表作をデヴィッド・ルヴォーによる演出で送る舞台『昔の日々−Old Times−』。その6月8日(日)13:00開演の回の終演後に、ルヴォー自身によるオープン形式のワークショップが開催されることとなった。

数々の俳優たちが参加を希望するというルヴォーのワークショップ。今回は、台本を使用せず、独特の動きと即興で役者の身体と心を開いていく、ルヴォーオリジナルの「エクササイズ」型のワークショップになるという。

参加できるのは、男性1名、女性1名のプロとして活動する俳優2名(一般公募)のみだが、同公演の観客は、オブザーバーとして終演後、無料でワークショップの見学が可能。ルヴォーによる演技指導や、彼の作品へのアプローチをライブで見ることができる貴重な機会だ。プロだけでなく、演劇ファンや俳優を志す人もチェックしてみてはいかがだろうか。

ワークショップ参加申し込みは、5月27日(火)まで。詳細は公式サイトを参照。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6164