蘭寿とむが退団後初の舞台でKENTO MORIらトップダンサーたちと競演 - 2014年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
蘭寿とむ

▲ 蘭寿とむ

拡大する

今春、宝塚歌劇団を惜しまれながらも退団した、元花組トップスター・蘭寿とむ。彼女の退団後初の舞台公演となる、ソング&ダンスエンターテインメントショー『ifi(イフアイ)』が、9月に東京と大阪で上演される。

一つのモチーフから生まれる二つのドラマを、異なるスタイルのダンスと歌で表現するという本作。振付・ゲストダンサーには、KENTO MORI、エイドリアン・カンターナ、ラスタ・トーマス(BADBOYS OF DANCE主宰)といった、世界のエンターテインメント・ダンスシーンをリードする面々を迎える。

■蘭寿とむ
宝塚歌劇団を退団後にこのような舞台に立たせていただけることを大変光栄に思っております。退団公演で振付していただいたKENTO MORIさんをはじめ、世界で活躍するダンサーの皆さんと踊らせていただけることに非常にワクワクしていますし、私自身にとっても大きな挑戦になると思います。皆さま、ぜひご期待ください。

■KENTO MORI
日本でこれだけの長期公演に参加するのは初めてのことなのでとても新鮮で、うれしく思います。蘭寿とむさんとは、退団公演で振付としてかかわらせてもらったばかりだったので、まさかこんなにも早く一緒にステージに立てる日が来るとは、とても光栄であり、楽しみで仕方ありません。ほかにも世界的ダンサーたちとの、夢の共演を最高のエンターテインメントの形として披露しようと思いますのでぜひ皆さんご期待ください。DREAM&LOVE

■小林香(演出)
宝塚の男役さんは卒業してからほんのひとときだけ、女優のさなぎが蝶に変化していくその狭間に、男性とも女性とも言い難い“世の中に存在しないはずの生き物”の何とも言えない色気を放ちます。それは、この地球上で宝塚の元男役さんにしかない香りだと思います。蘭寿とむさんには、まさにその色香をまとった役どころを当て書きし、演じていただこうと思っております。男性的で、女性的で、両生的で、無性的でもある……。退団間もない蘭寿さんが放つさまざまな香りを、2時間の踊りと物語の中に充満させたいと思っています。

インフォメーション

『ifi(イフアイ)』

【スタッフ】構成・演出=小林香
【キャスト】蘭寿とむ/KENTO MORI/エイドリアン・カンターナ/ラスタ・トーマス ほか

■東京公演

2014年9月5日(金)〜21日(日)
・会場=青山劇場

■大阪公演

2014年9月26日(金)〜28日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6180