宝塚歌劇団宙組トップスターの凰稀かなめが退団へ - 2014年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、宙組トップスターの凰稀かなめが、ミュージカル『白夜の誓い−グスタフIII世、誇り高き王の戦い−』、グランド・ショー『PHOENIX 宝塚!!−蘇る愛−』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団することを発表。5日に会見を行った。

凰稀は「今まで応援してくださったファンの皆さま、また、私や宙組そして宝塚歌劇を支えてくださった関係者の皆さまには感謝の気持ちでいっぱい」「残された日々を大切にし、私らしく駆け抜けて参りたいと思います」とあいさつ。

退団を決めたきっかけについては「昨年の『風と共に去りぬ』で自分の中で男役としてまっとうできる役に出会えたことと、その際に宙組の組子それぞれがイキイキと役を演じ、頼もしく感じる瞬間があり、今の宙組なら任せられると思い退団を決意しました」と明かした。

また、宙組に対して「今の素晴らしい宙組は、私だけではなく宙組全員でつくることができていると思います」「(宙組生に対しては)今まで私が感じたこと、経験したことを、稽古場や舞台で表現して、それを組子が感じてくれることで、みんなに伝えていければいいなと思います」と語った。

退団後については「まったく何も考えられていない」と話したが「宝塚の世界以外で私の知らないことをたくさん見て、感じて、経験することで今後も自分自身が成長することができたら」と意気込みを見せた。

サヨナラ公演は、宝塚大劇場にて11月7日(金)から12月15日(月)
まで、東京宝塚劇場にて15年1月2日(金)から2月15日(日)まで行われる。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6204