第68回トニー賞が発表に ミュージカル部門『紳士のための愛と殺人の手引き(A Gentleman's Guide to Love and Murder)』、プレイ部門『オール・ザ・ウェイ』が最優秀作品賞を受賞 - 2014年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
第68回トニー賞ミュージカル部門 『紳士のための愛と殺人の手引き』

▲ ミュージカル部門最優秀最作品賞『紳士のための愛と殺人の手引き』

拡大する

第68回トニー賞プレイ部門『オール・ザ・ウェイ』

▲ プレイ部門最優秀作品賞『オール・ザ・ウェイ』

拡大する

「第68回トニー賞」の受賞結果が現地時間の8日、ニューヨークのラジオシティ・ミュージック・ホールにて発表された。

ミュージカル部門では、今年最多ノミネートされていた『紳士のための愛と殺人の手引き(A Gentleman's Guide to Love and Murder)』が、最優秀作品賞をはじめ4部門で受賞。同作は、エドワード朝時代のイギリスを舞台に、伯爵継承順位8番目の男が邪魔者たちをあらゆる手段で排除していくというコメディーだ。また、98年初演の『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』がリバイバル賞など、同じく4冠を達成している。

プレイ部門では、『オール・ザ・ウェイ』が最優秀作品賞を受賞。こちらは、ケネディ大統領暗殺により大統領に昇格した、リンドン・B・ジョンソン(LBJ)の就任1年目の姿を追った政治劇。LBJ役のブライアン・クランストンが主演男優賞を獲得するなど、2部門を制した。

なお、授賞式の模様を生中継したWOWOWでは、日本時間の6月14日(土)20:00から、WOWOWライブにて字幕版をオンエア予定。

この記事の写真

  • 第68回トニー賞ミュージカル部門 『紳士のための愛と殺人の手引き』
  • 第68回トニー賞プレイ部門『オール・ザ・ウェイ』
  • 第68回トニー賞授賞式・ミュージカル『アラジン』パフォーマンス
  • 第68回トニー賞授賞式・ミュージカル『アフター・ミッドナイト』パフォーマンス
  • 第68回トニー賞授賞式・ミュージカル『ロッキー』パフォーマンス
  • 第68回トニー賞授賞式・ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』パフォーマンス
  • 第68回トニー賞授賞式・エンディング
  • 第68回トニー賞授賞式・左から八嶋智人、宮本亜門、神田沙也加、井上芳雄

インフォメーション

第68回トニー賞 主な部門の受賞者・受賞作

【ミュージカル部門】

■最優秀作品賞
『紳士のための愛と殺人の手引き』

■最優秀ミュージカル脚本賞
ロバート・L・フリードマン(紳士のための愛と殺人の手引き)

■最優秀楽曲賞
『マディソン郡の橋』(作詞作曲=ジェイソン・ロバート・ブラウン)

■リバイバル賞
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

■最優秀男優賞
ニール・パトリック・ハリス(ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ)

■最優秀女優賞
ジェシー・ミューラー(ビューティフル)

■最優秀助演男優賞
ジェイムズ・モンロー・アイグルハート(アラジン)

■最優秀助演女優賞
リナ・ホール(ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ)

■最優秀演出賞
ダルコ・トレズニヤック(紳士のための愛と殺人の手引き)


【プレイ部門】

■最優秀作品賞
『オール・ザ・ウェイ』(脚本=ロバート・シェンカン)

■リバイバル賞
『日なたの干しぶどう』

■最優秀男優賞
ブライアン・クランストン(オール・ザ・ウェイ)

■最優秀女優賞
オードラ・マクドナルド(レディ・デイ)

■最優秀助演男優賞
マーク・ライランス(十二夜)

■最優秀助演女優賞
ソフィ・オコネド(日なたの干しぶどう)

■最優秀演出賞
ケニー・リオン(日なたの干しぶどう)


「第68回トニー賞授賞式 字幕版」

WOWOWライブ:2014年6月14日(土)20:00〜

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6211